シャウトとは?2つの種類の出し方や意識すべき3つのコツを紹介!

「シャウトってどのような歌い方なの?」
「シャウトってどうすれば出せるようになるの?」

歌唱力アップに取り組んでいる人の中には、シャウトの出し方について気になっている人もいるのではないでしょうか。

実は、シャウトはただ叫べばよいというわけではなく、いくつかのポイントを押さえる必要があるのです!

本記事では、シャウトの種類や出し方、コツについて紹介します。

この記事を読めば、シャウトの出し方を理解して、自分のテクニックとして習得できるようになりますよ!

1.シャウトとは

シャウトとは

シャウトとは、迫力を出したり、激しさを表現したりするための歌唱テクニックです。

一般の歌い方に比べると声量が多くなるので、サビなどで盛り上がりを助長することができます。

しかし、一方で声帯に負担をかける歌い方でもあるため、頻繁に使えるわけではありません。

雰囲気を作りたいときや感情を爆発させたいときに使いましょう。

2.シャウトの種類

シャウトの種類

シャウトには大きく分けて2つの種類があります。

  1. フォールス・コード・スクリーム
  2. フライ・スクリーム

一般的なイメージとしては、高音の叫び声が定着していますが、低くて力強い歌声もシャウトに含まれます。

それぞれの特徴について紹介するので、自分に合った方法がどちらなのかチェックしましょう!

(1)フォールス・コード・スクリーム

フォールス・コード・スクリーム

フォールス・コード・スクリームとは、太く唸るような声を出す方法です。

一般的にはデスボイスと呼ばれることが多く、喉を開いた状態で強く息を吐いて声を歪ませます。

力強さを出すことができ、歌声に迫力を持たせることが可能です。

低音ボイスがメインになっている曲と相性が良いので、ライブのような勢いを持たせたいときに使ってみましょう。

なお、以下の記事でデスボイスについて詳しく説明しているので、あわせてご覧ください。

デスボイスってどんな声なの?初心者でもできる出し方や3つのコツ

2022.03.26

(2)フライ・スクリーム

フライ・スクリーム

フライ・スクリームは、遠くに響き渡るような高音の声です。

フォールス・コード・スクリームとは逆で、声帯を閉じたまま声を出します。

勢いが弱くなりやすい高音にも迫力を持たせることができ、力強い歌い方が可能です。

自由に使えるようになっておくと表現力が格段にアップするので、高音の伸びを極めたい人は練習してみましょう。

3.シャウトのやり方

シャウトのやり方

シャウトのやり方を紹介します。

先ほど紹介した2つのシャウトについてそれぞれ説明するので、やりたい方で実践してみてください。

なお、大きな声を出すことになるため、周囲に迷惑をかけない場所で行うことをおすすめします。

(1)フォールス・コード・スクリームのやり方

フォールス・コード・スクリームのやり方

フォールス・コード・スクリームのやり方について紹介します。

響き渡るような低音を出すには喉を開く必要があるので、まずは喉を開きましょう。

ちなみに、あくびをしたときの感覚が喉が開いている状態です。

喉を自分で開くことができない人は、あくびをしているときの喉をキープして、喉が開いている感覚を覚えましょう。

喉を開くことができたら、ため息をするように息を強く押し出しながら唸るような声を出してみてください。

リラックスしつつ、お腹に力を入れるのがポイントです。

こもったような声が出れば、しっかりシャウトができています。

(2)フライ・スクリームのやり方

フライ・スクリームのやり方

フライ・スクリームのやり方について紹介します。

まずは高音を出す必要があるため、ファルセットを出してみましょう。

ファルセットを出しながら、喉を軽く締めて声量を上げた声がフライ・スクリームです。

声がガラガラし始めたら、しっかりシャウトできています。

なお、ファルセットの出し方が分からない人は、以下の記事を参考に、先にファルセットをマスターしておきましょう。

ファルセットの出し方とは?初心者が押さえるべき声を出す3つのコツ

2021.09.19

4.シャウトをする3つのコツ

シャウトをする3つのコツ

シャウトをするときのコツについて紹介します。

特に意識すべきポイントは以下の3つです。

  1. 首回りの力を抜く
  2. ウォーミングアップをする
  3. 腹式呼吸を心がける

順に説明するので、なかなかシャウトができない人は参考にしてみてください。

(1)首回りの力を抜く

首回りの力を抜く

シャウトをするためには、首周りの筋肉をほぐしておくことが重要です。

叫ぶようなイメージをして声を出すと、首周りの筋肉に力が入り、上手く声を出すことができません。

シャウト自体は迫力がありますが、声の出し方は繊細で、息を調整する必要があります。

首周りの筋肉が硬直している状態では微調整が困難なので、指のはらを首に添えて、円を書くように軽くマッサージしておきましょう。

(2)ウォーミングアップをする

ウォーミングアップをする

シャウトをする前に必ずウォーミングアップをしておきましょう。

喉に負担をかける歌い方なので、いきなりシャウトをすると喉を痛める可能性が高いです。

発声練習やリップロールなどで、喉を馴染ませながらリラックス状態にしておきましょう。

リップロールのやり方については以下の記事で紹介しているので、リップロールのやり方が分からない人は、そちらを参考にしてみてください。

リップロールとは?4つの効果と初心者でもできるやり方・コツを紹介

2021.11.12

(3)腹式呼吸を心がける

腹式呼吸を心がける

 

勢いよく声を出すためには、お腹から声を出す必要があります。

お腹から声を出すことで、息の微調整が可能になるのです。

そこで、腹式呼吸を意識しましょう。

腹式呼吸のやり方は以下のとおりです。

腹式呼吸のやり方
  1. 背筋を伸ばしてお腹に手を当てる
  2. 一度息を全部吐き出す
  3. 頭の中で3秒カウントしながら鼻から息を吸う(息を吸っているときにお腹が膨らんでいることを確認)
  4. 頭の中で3秒カウントしながら鼻から息を吐く(息を吐いているときにお腹が凹んでいることを確認)

シャウト以外の歌唱テクニックにも役立つので、自在に腹式呼吸ができるようになっておきましょう。

まとめ

シャウトをすることで、歌声に迫力を持たせることができます。

ただし、喉に負担がかかるので、首をマッサージしたりウォーミングアップをしたりして、入念に準備をすることが重要です。

腹式呼吸を活用して、自在にシャウトが使いこなせるようになりましょう。

マンツーマンのボーカルスクールなら

「実績のあるプロ講師から、マンツーマンでボイストレーニングを受けたい!」
「毎週の予定に合わせてレッスンのスケジュールを組みたい」

そんな方にはVERY MERRY MUSIC SCHOOLがオススメです!

音楽業界で実績を残し、今も活躍中の講師陣があなたの目標に沿ったマンツーマンレッスンをご提供します!

自分に合った講師を指名し、あなた専用のレッスンを受けることで最短距離での上達が可能です!

無料体験レッスンがホームページまたはお電話から受付中!

ぜひお申し込みください!

関連記事