チェストボイスの出し方とは?初めてでも出せるようになる3つのコツ

「チェストボイスってどんな声なの?」
「チェストボイスってどうやって出すの?」

表現の幅を広げるために、チェストボイスの出し方をマスターしようとしている人もいるのではないでしょうか。

実は、チェストボイスを出すのにはコツがあり、少し声の出し方を意識するだけで簡単に安定感のある声を出せるようになるのです!

本記事では、チェストボイスのメリットや出し方、コツについて紹介します。

この記事を読めば、チェストボイスの出し方をマスターして、迫力のある声が出せるようになりますよ!

1.チェストボイスとは

チェストボイスとは

チェスとボイスとは、胸に響かせた声のことで、安定感のある声質が特徴です。

芯が通ったようなしっかりとした低音を出せるようになります。

チェストボイスの使い手として有名なアーティストは、綾香や平井堅、Mr.Childrenなどです。

どのような声かイメージできない人は、彼らの歌声を聴いてみましょう。

 

 

2.チェストボイスのメリット

チェストボイスのメリット

チェストボイスを活用することでさまざまなメリットがあります。

たとえば、チェストボイスの効果は以下のとおりです。

チェストボイスのメリット
  • 低音に力強さが増す
  • 高音も力強くなり、パワーあふれる歌い方ができる
  • 堂々とした歌い方ができる

地声で歌うよりも低音に力強さが出て、高音も厚みが生まれます。

そのため、迫力のある高音を出すことができるようになるでしょう。

また、パワーあふれる声質になるので、堂々とした歌いっぷりになります。

感情を込めて力強い歌い方をしたい人や歌い方に個性を出したいは、ぜひチェストボイスをマスターしましょう。

3.チェストボイスの出し方3ステップ

チェストボイスの出し方3ステップ

チェストボイスの出し方を紹介します。

主な流れは以下のとおりです。

  1. 声帯を閉じる
  2. 喉を開く
  3. 鼻腔で声を響かせる

順に説明するので、この流れに沿って練習して、チェストボイスの出し方を覚えましょう。

(1)声帯を閉じる

声帯を閉じる

チェストボイスを出すためには、まず声帯を閉じることから始めます。

声帯の閉じ方は以下のとおりです。

声帯の閉じ方
  1. 息を吸う
  2. 息を吐く
  3. 吐いている途中で息を止める

息を止めたときに声帯が閉じています。

声帯が閉じているか確かめたいときは、エッジボイスを出してみましょう。

エッジボイスとは、映画の呪怨でお馴染みの「あ゛あ゛あ゛あ゛」という声のことです。

声帯が閉じていないとエッジボイスは出ないので、息を止めた状態で「あ゛あ゛あ゛あ゛」と発声してみましょう。

なお、以下の記事でエッジボイスの出し方について紹介しているので、上手くできないときは参考にしてみてください。

エッジボイスの出し方とは?エッジボイスを習得することで得られる5つの効果

2021.09.01

(2)喉を開く

喉を開く

声帯を閉じたら、次は喉を開きます。

声帯を閉じて喉を開くと言われて意味が分からないかもしれませんが、そのときはあくびをイメージしてみましょう。

あくびをしているときは、息を止めたまま大きく口が開いた状態です。

あくびのように息を止めて大きく口を開けることで、声帯を閉じたまま喉を開くことができます。

喉が開くことで音が振動しやすくなるため、チェストボイスの生命線といっても過言ではありません。

あくびをしている状態をイメージしながら、喉を開く練習をしてみましょう。

(3)鼻腔で声を響かせる

鼻腔で声を響かせる

喉を開いたら、鼻腔で声を反響させるように発声します。

胸を震わせることも大切ですが、鼻腔で響かせることが大切です。

鼻を通して頭のてっぺんから声を出すイメージを持つと、鼻腔を響かせることができます。

それでもなかなかコツがつかめない場合は、ハミングをイメージしてみてください。

ハミングもチェストボイスと仕組みが同じなので、鼻腔で声を響かせる感覚をつかみましょう。

鼻腔で響かせながら声が出せるようになったら、胸に手を当てて胸部全体が振動するまでボリュームを上げていきます。

胸周辺が振動していれば、チェストボイスが出せていますよ。

チェストボイスが出せるようになったら、上記で紹介した3曲を使って練習してみましょう。

4.チェストボイスを出す3つのコツ

チェストボイスを出す3つのコツ

チェストボイスを出すためのコツを紹介します。

意識すべきポイントは以下の3つです。

  1. 遠くの人に話しかけるように声を出す
  2. 腹式呼吸を意識する
  3. 口を大きく開いて強く発声する

順に説明するので、これらのポイントを意識して練習してみましょう。

(1)遠くの人に話しかけるように声を出す

遠くの人に話しかけるように声を出す

チェストボイスは地声に近い発声方法なので、遠くの人に話しかけるように声を出しましょう。

50m先の人に「おーい」と話しかけるように声を出せば、自然とお腹に力が入り地声よりも音域が高く、声量がアップします。

また、仲の良い人とテンションが高い状態で話している声が、チェストボイスの出し方に近いです。

最初はメロディーではなく、遠くの人に詞を聞かせるように声を出して、意図的に出せるようになったらメロディーにして歌ってみましょう。

(2)腹式呼吸を意識する

腹式呼吸を意識する

チェストボイスは、腹式呼吸を意識して強く声を出すことが大切です。

お腹に力を入れて歌うことは、チェストボイスに限らず、他の歌い方でも求められます。

腹式呼吸のやり方は以下のとおりです。

腹式呼吸のやり方
  1. 背筋を伸ばしてお腹に手を当てる
  2. 一度息を全部吐き出す
  3. 頭の中で3秒カウントしながら鼻から息を吸う(息を吸っているときにお腹が膨らんでいることを確認)
  4. 頭の中で3秒カウントしながら鼻から息を吐く(息を吐いているときにお腹が凹んでいることを確認)

お腹の膨らみを意識して、声を出すようにしましょう。

肩の力を抜いて、リラックスした状態で行うのがポイントです。

(3)口を大きく開いて強く発声する

口を大きく開いて強く発声する

チェストボイスは、はっきりとした発声が求められるので、口を大きく開いて母音の発音を意識しましょう。

おすすめの発声練習は以下のとおりです。

母音の発声練習
  1. 「あ・え・い・う・え・お・あ・お」の順に、口を大きく開きながらリズミカルにはっきりと発音する
  2. 「あー・えー・いー・うー・えー・おー・あー・おー」と、音を伸ばしながらゆっくり発音する

少し大げさに口を開けることがポイントで、ウォーミングアップのときに行いましょう。

まとめ

チェストボイスを習得することで、力強い歌声を手にすることができます。

呼吸を安定させ、鼻腔で響かせることがポイントです。

今回紹介したやり方やコツを参考に、チェストボイスが出せるように練習を繰り返しましょう。

スカウトを受けたい方へ

関連記事