【好きなことで生きていく】今すぐできる音楽で稼ぐ方法10選

「音楽で稼ぐ方法ってどんなものがあるんだろう?」
「オーディションに何度も落ちて心が折れた。音楽で生きていけないのかな」

音楽で稼ぐ方法は、今やメジャーデビューだけではありません。

メジャーデビューしなくても、大手の歌手と同じくらい稼いでいる人がたくさんいます。

この記事では音楽で稼ぐ方法を10個紹介し、それぞれの概要について解説しています。

最後まで読めば、あなたが今すぐ始められる音楽で稼ぐ方法が見つかるでしょう!

1.音楽で稼ぐ方法10選

音楽でお金を稼いで生活していきたい方のために、音楽で稼ぐ方法10選を紹介します。

  1. デジタル配信
  2. ライブ収入
  3. バンドのグッズ販売
  4. コラボレーション
  5. ビート・サンプル販売
  6. 音楽講師
  7. 広告収入
  8. 音楽制作の受託
  9. CD販売
  10. クラウドファンディング・投げ銭

音楽で稼ぐには、歌手デビューをしてCDを売るしかない、と思っている方は、意外と多くの方法があって驚かれたかもしれません。

大好きな音楽で生活していく方法を1つずつ解説します。

(1)デジタル配信

音楽で稼ぐ方法は、最近デジタル配信が主流となっています。

2000年代はレコード会社と契約し、レーベルからCDを売り出して印税収入を得る方法が主流でした。

しかし、インターネットの普及でCDの売れ行きが悪くなり、レーベルへの所属は必須条件ではありません。

オンラインプラットフォームで音楽を配信、販売できるようになったためです。

Apple Musicなどプラットフォームで音楽を個人で販売し、収益を得られます。

(2)ライブ収入

アーティストとしてライブを行い、チケットを販売して収入を得られます。

チケット販売の総額から、ライブハウスを借りる経費や機材を差し引いた金額が収益です。

ファンが多いなら、チケット収益だけでも結構な収入になります。

会場のキャパを徐々に増やせば、それだけ収益も上がるでしょう。

(3)バンドのグッズ販売

アーティストデビュー後は、バンドのグッズ販売でも収益を得ることができます。

歌手やアーティストが売るのは、楽曲だけではありません。

ライブの際に会場でしか買えないTシャツやタオルを販売したり、オンラインでファングッズを販売できます。

最近は個人でも気軽にECサイトを作れるため、日常的にグッズを販売しているバンドも多いです。

グッズ作りは大変だと思われがちですが、SUZURIというグッズ作成サイトを使えば、オリジナルTシャツやマグカップは簡単に作れます。

音楽で稼ぎたいなら、グッズ作成にも力を入れてファンに販売しましょう。

(4)コラボレーション

アーティストとして知名度を獲得すると、ブランドからコラボレーションの依頼が来ることがあります。

ブランドとアーティストのコラボ商品を買ったことはないでしょうか?

例えば、有名なHIP HOPアーティストの「カニエ・ウエスト」はadidasとコラボして、スニーカーを販売しています。

知名度のあるアーティストには、企業からコラボ依頼が来るため、その報酬で稼げます。

(5)ビート・サンプル販売

https://coconala.com/categories/23

音楽で稼ぐには、自身で製作したビート・サンプルを販売する方法もあります。

最近は個人でココナラなどのフリーマーケットサイトを使い、サンプル音源の制作・販売も可能です。

知識がある方は、自身のHPを作って、カートシステムを用いて楽曲販売しています。

ビート・サンプル制作の技術がある方は、個人で楽曲を販売して収益を得ましょう。

(6)音楽講師

音楽で稼ぐ方法として、自身のスキルを人に教える側になる選択肢もあります。

音楽講師の仕事は、音楽教室の講師として雇ってもらう、または個人で教室を開く方法もあります。

Teachable」などオンラインプラットフォームでの講師も人気で、生徒数が増えれば年収も上がるでしょう。

音楽スキルに自信がある方は、人に教える仕事をして音楽で稼げます。

音楽講師については以下の記事で詳しく解説しているので、併せて参考にしてください。

音楽教師の年収は高い?低い?3つの働き方と業務のキツさ・やりがいを解説

2022.10.07

(7)広告収入

音楽に関連する動画を配信して、YouTubeなどの広告収入を得る方法もあります。

自身の楽曲やMVをYouTubeにアップロードして、再生回数に応じて収益が得られるGoogleアドセンスを利用しましょう。

その他、音楽に関してのブログを作成して広告をつけることもできます。

動画やブログコンテンツは資本が不要で、自身のスキル1つで勝負できる業界です。

収益化までのハードルはありますが、コツコツ続けていけばストック収入になるため、ブログやYouTubeの広告は収入の柱となるでしょう。

(8)音楽制作の受託

個人的にクライアントから、音楽制作を受託してもらって報酬を得ることもできます。

ココナラなどのスキルマーケットでは、音源の制作を受託して報酬を得ているアーティストがたくさんいます。

最近はサンプル音源、BGMなどの依頼もSNSで書ける時代であるため、プラットフォームを活用すれば音楽制作の仕事がもらえるでしょう。

一度クライアントと繋がりができれば、継続して依頼が来る可能性もあります。

最初のうちは単価が低いかもしれませんが、実績が多くなれば報酬も上がるため、ぜひ個人で音源制作の仕事を受注しましょう。

(9)CD販売

音楽で稼ぐには、オーソドックスにCDを制作して販売する方法もあります。

CDはレーベルから発売しなければならない決まりはなく、個人で作成して販売可能です。

よく路上ライブの際に、自身のCDを手売りしているアーティストを見かけますが、彼らも個人でCDを作って売っています。

パソコンとプリンターがあれば、CDに楽曲を収録して、ジャケットも作れるので試してみましょう。

販路も手売りの他に、インターネットでCDを販売できます。

自慢の楽曲をCDに収録して、ネットまたは手売りで売って稼ぎましょう!

(10)クラウドファンディング・投げ銭

https://camp-fire.jp/projects/category/music

100%インターネット経由で音楽で稼ぐ方法もあります。

最近はアーティスト向けのクラウドファンディングサービスや、パトロンを探せるサービスも豊富。

CAMP FIRE(キャンプファイア)というクラウドファンディングサイトで、自身のプロジェクトを立ち上げて、協賛者を募集できます。

出資者に対してのリターンを考える必要がありますが、企画が受ければかなりの資金が集まるでしょう。

また、最近はアーティストがツイキャスふわっちなどの投げ銭サイトで配信し、投げ銭で収益を得るケースもあります。

例えばふわっち配信者の「アキトシ」さんは、音楽や雑談をメインに配信を行い、1月で数百万円稼いだことも。

YouTube Liveを使って、スーパーチャット収益を得るのも良いでしょう。

配信で自分の音楽を聴いてもらい、なおかつ収益も得られるので、インターネット配信もおすすめです。

まとめ

音楽で稼ぐ方法は、かなりたくさんあります。

一昔前は、CDの販売にレコード会社との契約が必要など、制約がありました。

しかしインターネットの発達により、個人でもアーティスト活動ができる時代です。

音楽で稼ぐ方法の選択肢はたくさんありますので、1つの方法に拘らず、複数の方法で収益を確保しましょう。

収益を確保すれば音楽活動に専念でき、さらに良い楽曲を生み出せるはずです!

スカウトを受けたい方へ

関連記事