自主レーベルの立ち上げ方法は?レーベルの種類やメジャーとの違い・デメリットを解説

「レーベル立ち上げって個人でもできるの?」
「レーベルを立ち上げるメリットは?メジャーレーベルと何が違う?」

レーベルとは、レコード会社の中に存在する部署のようなものです。

自主レーベルを立ち上げれば、自分たちで自由に音楽活動ができますが、大手のような知名度がないため、集客が難しいというデメリットも。

本記事では、レーベルの概要や種類を解説し、自主レーベルを立ち上げるメリットとデメリット、立ち上げ方を解説します。

最後まで読めば、レーベルの概念を理解でき、自主レーベルを立ち上げる方法もわかるでしょう!

1.レーベルとは?

レーベルとは何かを解説します。

  1. レーベルはレコード会社の部署の1つ
  2. レーベルの種類

自分でレーベルを立ち上げたいと思っている方、またはデビューの方法を模索している方は、まずレーベルを理解しましょう。

(1)レーベルはレコード会社の部署の1つ

https://avex.com/jp/ja/

レーベルとは、レコード会社の部署の1つです。

レコード会社の中に複数のレーベルが存在し、アーティストと契約してCD制作や販売のサポートを行っています。

例として、有名なavexの中にも、複数のレーベルが存在します。

avexのレーベル
  • avex trax
  • rhythm zone(クラブ系J-POP)
  • cutting edge(ロック・レゲエ・ヒップホップ)
  • avex-CLASSICS(クラシック)

レーベルごとに担当する音楽ジャンルが異なり、それぞれ売り出すアーティストが違います。

(2)レーベルの種類

レーベルはレコード会社の部署の1つと説明しましたが、実はさらに種類が分かれます。

  1. メジャーレーベル
  2. インディーズレーベル
  3. 自主レーベル

個人でレーベルを立ち上げることも可能です。

レーベルの種類を1つずつ解説するので、知識として頭に入れておきましょう。

#1:メジャーレーベル

メジャーレーベルとは、日本レコード会社協会に参加している会社のレーベルを意味します。

アメリカでは、以下の3つのレーベルのみがメジャーと呼ばれ、他は全てインディーズです。

アメリカのメジャーレーベル
  • ユニバーサルミュージック
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • ワーナー・ミュージック・グループ

上記3つの会社の傘下にあるレーベルのみがメジャーと呼ばれ、日本とは基準が違います。

日本では大手事務所の傘下にあるレーベルの総称が”メジャーレーベル”です。

#2:インディーズレーベル

インディーズレーベルは、メジャーレーベル以外のすべてのレーベルを意味します。

大手の傘下に入らず、独立して活動しているレーベルはすべてインディーズです。

超有名アーティストも、インディーズに所属しているケースがあります。

インディーズレーベルに所属しているアーティスト
  • HY
  • ゴールデンボンバー
  • モンゴル800

インディーズはマイナーなイメージがありますが、単に大手レコード会社の傘下ではないだけです。

独立してマネージメントやレーベル活動をしているレーベルの総称がインディーズです。

インディーズレーベルについてはこちらの記事でも紹介しています。

スカウトされるには?デビューまでの流れ・スカウトされやすいコツを解説

2022.11.25

大手芸能事務所のオーディション情報5社まとめ!募集要項や事務所概要を解説

2022.11.23

女優になるには?女優に必要とされるスキルと女優になる4つの方法

2022.11.23

芸能事務所の面接でよくされる質問7選!芸能事務所の面接の流れについても解説

2022.11.21

有名人になりたい人が知っておくべき有名人のメリット・デメリット!有名になる方法4選

2022.11.19

#3:自主レーベル

自主レーベルは、インディーズの1つであり、自分で立ち上げると宣伝すれば”自主レーベル”を運営していることになります。

バンドを立ち上げて、個人でレーベル立ち上げすれば、自主レーベルの完成です。

例として自主レーベルで活動しているアーティストを紹介します。

自主レーベルで活動しているアーティスト
  • GLAY
  • ORANGE RANGE
  • 槇原敬之

デビュー時はメジャーレーベルに所属していましたが、独立して自主レーベルを設立しています。

2.自主レーベルを立ち上げるメリットとデメリット

自主レーベルを立ち上げるメリットとデメリットを比較しました。

  1. 自主レーベルを立ち上げるメリット
  2. 自主レーベルを立ち上げるデメリット

自主レーベルの立ち上げには、メリットもありますが、苦労もするでしょう。

デメリットも把握した上で、自主レーベルを立ち上げましょう。

(1)自主レーベルを立ち上げるメリット

自主レーベルを立ち上げるメリットは2つあります。

  1. 自主レーベルは自由度が高い
  2. マージンを引かれない

自分たちで自由に活動できることや、収入面でもメリットになるケースがあります。

メリットを1つずつ説明しますので、後ほど説明するデメリットとも比べてみましょう。

#1:自主レーベルは自由度が高い

自主レーベルでの活動は、制約がありません。

メジャーにしろインディーズにしろ、レーベルとの契約をする場合は、契約内容に活動が縛られます。

プロデュースや売り出し方、楽曲の方向性について、口を出されることがあるでしょう。

その点自主レーベルは自分たちがプロデュースも兼ねるため、自由度が高く好きに活動できます。

#2:マージンを引かれない

自主レーベルで上げた収益は、経費以外は全て収入となります。

レーベルに所属すると、マネジメント料などを事務所に引かれた分が収益です。

関わる会社が多いほど、収益を分配する人数が増えます。

しかし自主レーベルでは、経費を払えば残りは自分たちで分配するだけです。

音楽の売り上げが収入に直結しやすくなるため、活動モチベーションも上がるでしょう。

(2)自主レーベルを立ち上げるデメリット

自主レーベルを立ち上げれば、自由に活動できて収益も自分たち次第で増やせます。

しかし、デメリットがあることを忘れないようにしましょう。

  1. 音楽制作の資金集めが必要になる
  2. 知名度がないため集客が難しい

自主レーベルの立ち上げは魅力的ですが、デビューから自主レーベルでは、そもそも売れない可能性も。

デメリットも把握した上で、自主レーベルの立ち上げを検討しましょう。

#1:音楽制作の資金集めが必要になる

自主レーベルは、マネジメントや営業活動、売り出しのための経費は全て自分たちで用意します。

メジャーのように、レーベル側で人材や機材を用意してくれることはありません。

そのため、そもそも資金力がなければレーベルの立ち上げが難しく、音楽活動ができないでしょう。

クラウドファンディングなどを使い、レーベル活動の資金を集めなければいけません。

音楽で稼ぐ方法を知りたい方は、以下の記事で詳しくまとめているので、併せて読んでみてください。

【好きなことで生きていく】今すぐできる音楽で稼ぐ方法10選

2022.10.21

#2:知名度がないため集客が難しい

まだ知名度がないアーティストが自主レーベルを立ち上げても、集客できない可能性があります。

つまり、全く収益がなく稼げないということです。

大手レーベルに所属するメリットは、レーベル名だけで集客力があり、またレーベルが営業活動を手伝ってくれること。

自主レーベルで活動する際は、知名度の獲得も1から行う必要があります。

2.自主レーベルを立ち上げる方法

自主レーベルはどうやって立ち上げれば良いのでしょうか。

  1. レーベル名を決めて周知する
  2. ホームページ・SNSを設置する
  3. 販売する商品・サービスを用意する

1ステップずつ、自主レーベルを立ち上げる方法を説明します。

(1)レーベル名を決めて周知する

自主レーベルを立ち上げる方法は、「レーベルを立ち上げる」と宣言するだけです。

名前が無いと営業活動などに支障が出るため、レーベル名を決めましょう。

レーベル立ち上げに手続きなどはなく、自分たちがやろうと思ったタイミングで始められます。

(2)ホームページ・SNSを設置する

レーベル名やコンセプトが決まったら、ホームページやSNSを設置しましょう。

問い合わせフォームも作り、仕事の依頼を受けられるようにしておきます。

近年は個人で活動するアーティストも多く、SNSなどインターネットを通じて仕事を受注しているケースも多いです。

また、SNSでの発信活動を通じて、ファンを獲得できます。

インターネットを活用して、自主レーベルを拡散しましょう。

(3)販売する商品・サービスを用意する

自主レーベルを立ち上げ、ファンがついてきたらCDやグッズなど、販売する商品を作りましょう。

アーティスト活動は音楽の販売だけではなく、グッズ販売でも収益を得られます。

オリジナルTシャツなどを作って販売すれば、熱狂的なファンが購入してくれるでしょう。

まとめ

自主レーベルの立ち上げは、名前を決めて宣言・周知すれば完了です。

しかし、立ち上げたは良いものの、集客ができなければファンは獲得できず、収益性も見込めません。

知名度がないうちは、メジャーレーベルの力を借りた方が売れやすい可能性はあります。

制約なく自由に活動したいなら、自主レーベルを立ち上げて活動するのも良いでしょう。

かっこいいレーベル名を決めて、自分たちの存在を世界に知らしめてください!

スカウトを受けたい方へ

関連記事