録音した自分の声が気持ち悪い!録音した声の違和感を解消する4つの方法

「録音すると自分の声が気持ち悪く聞こえる理由とは?」
「録音した自分の声の違和感を解消する方法はないの?」

録音した自分の声を初めて聞いたときに衝撃を受けた記憶がある人もいるのではないでしょうか。

自分だけなのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は誰もが直接聞いている自分の声と録音した自分の声は異なって聞こえるのです!

本記事では、自分で聞く声と録音の声が異なる理由や違和感の解消方法、無料録音アプリについて紹介します。

この記事を読めば、自分で聞く声と録音の声が異なる理由が判明し、違和感を払拭できるようになりますよ!

1.自分で聞く声と録音の声が異なる理由

自分で聞く声と録音の声が異なる理由

いつも自分が聞いている声と録音した自分の声が違って聞こえる理由について紹介します。

普段直接聞いている声は骨導音、録音した自分の声は気導音と呼ばれており、全くの別物です。

骨導音は声帯などの振動が頭蓋骨に直接響き渡って聞こえている声で、空気を振動させて鼓膜に伝わって聞こえる気導音とは、音の聞こえ方が異なります。

そもそも周囲の人がいつも聞いている声は気導音なので、録音した声に違和感を覚えるのは本人だけです。

周囲の人は録音した声をいつも聞いていることになるため、自分の本当の声は気導音といえます。

2.録音した声の違和感を解消する4つの方法

録音した声の違和感を解消する4つの方法

録音した声の違和感を解消する方法について紹介します。

主な方法は以下の4つです。

  1. 繰り返し聞いて慣れる
  2. 声の特徴をプラスに捉える
  3. 録音時に声質を変えてみる
  4. 録音した声を編集する

順に紹介するので、どうしても録音した自分の声が気持ち悪い人は参考にしてみてください。

(1)繰り返し聞いて慣れる

繰り返し聞いて慣れる

気導音を聞いて違和感を覚えるかもしれませんが、自分の本当の声なので、何度も聞いて慣れるしかありません。

普段聞いている声は骨導音なので、最初は録音した声との違いにビックリするかもしれませんが、繰り返し聞くうちに慣れてきます。

自分の声はこういうものだと認識してしまえば、自分の気導音を聞いても違和感がなくなるでしょう。

ちなみに、歌声と普段のしゃべり声は異なるケースが多いため、歌声の違和感を解消したい場合は好きな歌で録音し、しゃべり声を解消したい場合は1分スピーチなどを録音してみてください。

30分ほど繰り返し聞いていると自然と慣れてきますよ!

(2)声の特徴をプラスに捉える

声の特徴をプラスに捉える

繰り返し自分の声を聞くと、自分の声の特徴に気づくことができるので、プラスになる特徴を見つけてみましょう。

違和感があるとどうしてもマイナスなところを探してしまうかもしれませんが、好きな発音やトーンもあるはずです。

自分の発生で好きな部分が見つかれば、自分の声に対して気持ち悪さは和らぐので、自分の声を好きになるように考え方を変えましょう。

(3)録音時に声質を変えてみる

録音時に声質を変えてみる

どうしても自分の声に気持ち悪さを覚える場合は、声の出し方を意図的に変えてみてください。

たとえば、声の仕事をしている声優は普段の声とアニメーションに当てている声は全く異なります。

声帯や口の使い方を工夫すれば、さまざまな声を出すことが可能です。

理想とする自分の声がある人は、その声をイメージして録音し、録音した音声が理想に近くなるように繰り返し練習をしましょう。

また、具体的なイメージはなくても、以下のようにざっくりと声の特徴を意識するだけでも声は変わります。

声の特徴
  • もっと高い声
  • もっと低い声
  • 透き通るような声
  • 温かい声
  • 優しい声

意識しなければその声にはならないので、目標となる人を見つけてマネをしてみることから入るのもおすすめです。

(4)録音した声を編集する

録音した声を編集する

最終手段ですが、録音した声を編集するの1つの方法です。

自分の力ではどうしようもない場合、編集ソフトを使って理想の声に近づけることもできます。

高く出しているつもりでも、どうしても声が低くなりつぶれてしまうなど、聞き取りやすくしたい場合などに使ってみてください。

録音アプリには編集機能がついているものがあるので、録音した後に編集機能で調整してみましょう。

3.おすすめの無料録音アプリ3選

おすすめの無料録音アプリ3選

おすすめの無料録音アプリを紹介します。

今回紹介するアプリは以下の3つです。

  1. ボイスメモ
  2. 簡単ボイスレコーダー
  3. PCM録音

順に紹介するので、違和感の解消のために使ってみてください。

(1)ボイスメモ

ボイスメモ

ボイスメモは、音声の録音だけでなく編集ができる無料録音アプリです。

周囲のノイズや室内の音の反響を抑えてくれる録音補正機能があるので、透明感のある声を録音できます。

録音した音声は、フォルダーで分けることができるため、必要な録音データを検索で素早く見つけられる点も特徴です。

録音データは簡単に共有できるので、他の人に聞いて欲しいときも使いやすいでしょう。

ちなみに、iPhoneのみの対応になっています。

(2)簡単ボイスレコーダー

簡単ボイスレコーダー

簡単ボイスレコーダーは、直感的に操作性が特徴の録音アプリです。

アプリを開けば、あとは録音ボタンを押すだけなので、スマホの操作が苦手な人でもスムーズに録音できます。

さらに、ウィジェットに対応しているため、ホーム画面から録音が可能です。

そのため、急に録音をしたいときなどに素早くデータに残すことができます。

SNSで共有したり、クラウドで保存できたりと利便性が高い点も優秀です。

iOSは、iPhoneとAndroid両方に対応しています。

(3)PCM録音

PCM録音

PCM録音は、リアルな音を録音することができる再現性の高いアプリです。

PCM形式で録音するので、音質が劣化しにくく、自分の声をそのままデータにすることができます。

iTunesを活用することで、録音した音声ファイルをパソコンに簡単に取り込むことができ、本格的な編集もしやすいです。

また、スキップ機能が搭載されており、10秒と60秒の単位でスキップできるため、聞きたいパートだけを再生することもできます。

iPhoneとAndroid両方に対応しているので、試しに使ってみてください。

まとめ

普段自分が聞いている声と録音した声は音の伝わり方異なるので、違和感があるのは仕方ありません。

何度も聞いて気導音に慣れるか、声質を変えて録音するかで違和感を解消することができます。

今回紹介した無料録音アプリを使って、録音した自分の声の好きなところを見つけてみましょう。

マンツーマンのボーカルスクールなら

「実績のあるプロ講師から、マンツーマンでボイストレーニングを受けたい!」
「毎週の予定に合わせてレッスンのスケジュールを組みたい」

そんな方にはVERY MERRY MUSIC SCHOOLがオススメです!

音楽業界で実績を残し、今も活躍中の講師陣があなたの目標に沿ったマンツーマンレッスンをご提供します!

自分に合った講師を指名し、あなた専用のレッスンを受けることで最短距離での上達が可能です!

無料体験レッスンがホームページまたはお電話から受付中!

ぜひお申し込みください!

関連記事