「ミセス」のフロントマンだけじゃない!『大森 元貴』の凄すぎる才能

「『大森 元貴』さんについてもっと詳細を知りたい!」
「ミセスは休止中だけど、『大森 元貴』ってソロでもやってるの?」

現代の音楽シーンで大注目のアーティスト『大森 元貴』さん、詳細が気になりますよね。

この記事では『大森 元貴』の概要や才能についてと、ソロ楽曲を紹介しています。

『大森 元貴』さんについて知れば知るほど、楽曲や『大森 元貴』さん個人に興味が出てきますよ!

1.『大森 元貴』は「Mrs.GREEN APPLE」のフロントマン

大森 元貴(おおもり もとき)』さんは「Mrs.GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」のフロントマンです。

1996年9月14日生まれのシンガーソングライターで、楽曲のギター演奏だけでなく作詞・作曲・編曲まで手がけるマルチな才能を持っています。

  1. 『大森 元貴』の概略プロフィール
  2. 「僕たちがやりました」のOP曲担当で一躍有名に
  3. 高音域ハイトーンボイスが特徴

人気になった経緯や経歴について紹介していきます。

(1)『大森 元貴』の概略プロフィール

『大森 元貴』さんは、1996年9月14日生まれ、東京出身です。

血液型はA型で、小学6年生の時に「MONGOL800」に影響を受けてエピフォンのベースを購入。

卒業式で目立つためにバンドを結成したのが音楽活動の始まりでした。

その後ギターを勉強し始め、オリジナル音楽の制作や「RAD WIMPS」「ONE OK ROCK」の楽曲コピーを始めます。

2013年に「Mrs.GREEN APPLE」を結成し、現在まで活動中。

(2)「僕たちがやりました」のOP曲担当で一躍有名に

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

「Mrs.GREEN APPLE」が一躍有名になったのは「僕たちがやりました」のオープニング曲を担当したことでした。

代表曲の1つである「WanteD! WanteD!」は、瞬く間にヒット。

軽快なメロディと美しいハイトーンボイスが話題になり、『大森 元貴』さんもスターの道を駆け上がります。

その後「Inferno」をリリースし、高評価を得ました。

(2)高音域ハイトーンボイスが特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

『大森 元貴』さんの特徴は、高音域のハイトーンボイスです。

男性の声域で言えばテノールくらいの音域で、声帯がなりやすい芯のある声をしています。

『大森 元貴』さんに憧れる人が多いのは、そのハイトーンボイスの美しさゆえ。

ファルセットを頻繁に使用するのですが、息と声帯の響きのバランスが良く地声からファルセットへの切り替えも自然です。

鼻腔から綺麗にハイトーンが抜けて、聴いていて爽快感がある歌声をしています。

2.『大森 元貴』のマルチな才能を解説

『大森 元貴』さんのマルチな才能を解説していきます。

  1. 歌唱力
  2. ソロ活動
  3. ダンス
  4. 音楽プロデューサー

『大森 元貴』さんは、音楽の才能はさることながら実はダンスも得意など非常に多彩です。

1つずつ説明していきます。

(1)歌唱力

『大森 元貴』さんの1つ目の才能は、歌唱力でしょう。

楽曲を聴いても分かる通り、芯がある歌声と頻繁に使用するファルセットが見事。

聴いていて爽快感がある歌声で、楽曲を歌い上げます。

アーティストを目指している人たちからも憧れを持たれるアーティストの1人でしょう。

(2)ソロ活動

『大森 元貴』さんの2つ目の才能は、ソロ活動です。

実は『大森 元貴』さんのバンドである「Mrs.GREEN APPLE」はメンバーの脱退などもあり、一時休止中。

しかし『大森 元貴』さんはソロ活動を開始して、楽曲を発表しています。

特徴的な歌声と、編曲センスが光るソロ楽曲も音楽業界では非常に評価されています。

(3)ダンス

『大森 元貴』さんの3つ目の才能は、ダンスです。

実は『大森 元貴』さんはダンスにも精通しており、プロも「その才能はどこからくるの?」と驚くほどなんですよ。

ソロ楽曲である「Midnight」ではダンサーを引き連れて、息の合ったダンスを披露しています。

身体能力が高く、リズム感があるが故にダンスまで得意なんですね。

(4)音楽プロデューサー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

『大森 元貴』さんの4つ目の才能は、音楽プロデューサーとしての才能です。

海外でも広く活躍している韓国のグループ「TOMORROW X TOGETHER」の日本におけるファーストアルバムの楽曲「STILL DREAMING」を提供・プロデュースしました。

「Mrs.GREEN APPLE」のプロデューサーを自身で務めていたこともあり、プロデュース業にも活躍の幅を広げています。

ソロ活動においても自身で楽曲を制作・編曲、プロデュースしており、マルチな才能が止まりません。

3.『大森 元貴』のソロ代表曲

『大森 元貴』さんのソロ代表曲をご紹介します。

  1. Midnight
  2. ヒカルモノクラクナル
  3. メメント・モリ

ソロ活動を行なっている『大森 元貴』さんの代表曲を試聴してみましょう。

軽快な音楽やダンスに聴いているだけで気分が爽快になってきます。

1つずつ説明していくので、ぜひ聴いてみてくださいね。

(1)Midnight

『大森 元貴』さんの1つ目のソロ代表曲は「Midnight」です。

「本当にもっくん?」とファンから言われるほどビジュアルを大胆に変貌させた楽曲。

軽快なダンスナンバーと依然衰えない美しい歌声が魅力です。

(2)ヒカルモノクラクナル

『大森 元貴』さんの2つ目のソロ代表曲は「ヒカルモノクラクナル」です。

ハイトーンボイスで優しく歌い上げるバラードで、元々は未発表曲でした。

YouTubeにアップされて、ファンからは感動の声が集まっています。

『大森 元貴』さんらしさを感じられる、思いのこもった歌詞と音楽が魅力の楽曲です。

(3)メメント・モリ

『大森 元貴』さんの3つ目のソロ代表曲は「メメント・モリ」です。

死生観を歌ったかのような歌詞ながら、楽曲自体は非常にポップ。

ギャップのある楽曲ですが、歌詞を噛み締めながら聴いていると涙が溢れてくるような楽曲です。

2021年9月には、メメント・モリの絵本が発売されました。

まとめ

『大森 元貴』さんは、歌唱・ダンス・作曲・プロデュースと多彩な才能を持つアーティストです。

「Mrs.GREEN APPLE」は現在休止中ですが、2022年の春にはカムバックも決まっています。

ソロ活動も順調で2022年の『大森 元貴』さんの活躍から目が離せません!

関連記事