トラックメイカーに必須の機材5選!予算を抑えてトラックメイクを始める方法

「トラックメイカーになりたい!初心者向けの機材は?」
「トラックメイクのためにどんな機材が必要?できたらお金はかけたくない…」

トラックメイカーが使っている機材はどれも一流で非常に高額ですが、初心者はそこまで予算が出せない方もいるでしょう。

実は初心者向けにかなり安価にトラックメイクの機材を揃える方法があります。

この記事では、初心者がまず買うべきトラックメイカーに必須の機材5選と初心者向けトラックメイクセットの紹介、最後にスマホでトラックメイクする方法を紹介。

最後まで読めば、予算に合わせて今すぐトラックメイクを始められるでしょう!

1.初心者はまずこれを買え!トラックメイカーに必須の機材

トラックメイカーになるために必要な機材を5つ紹介します。

  1. PC
  2. DAW
  3. ヘッドホン(スピーカー)
  4. MIDIキーボード
  5. オーディオインターフェイス

トラックメイクの世界は奥が深く、こだわればこだわるほど機材は増えます。

しかし、最初からたくさん機材を買っても混乱するだけです。

まずはここで紹介する5つの機材を買い揃えて、トラックメイカーを目指しましょう。

(1)PC

トラックメイカーになるには、PCが欠かせません。

最近のトラックメイカーは、パソコンではなくiPadやiPhoneを利用している人もいます。

しかし操作性を考えると、PCが最も作業はしやすいでしょう。

WindowsとMac派に分かれますが、対応プラグインが多く、安価で購入できるためまずはWindowsで探すことをおすすめします。

使用したいDAWソフトがすでに決まっている場合は、ソフトが対応しているOSを選ぶと良いでしょう。

外部で使用するならノートPCを、家の中だけで使うならデスクトップを購入してください。

スペックについてですが、最低でもCorei7以上、トラックを作りたいのであれば、メモリ32GB以上のPCを選びましょう。

(2)DAW

DAW(Desk Audio Workstation)は、簡単に言えばパソコンで作曲・編曲するためのソフトウェアのことです。

オーディオデータを取り込んで、録音したり、MIDIキーボードで入力して編曲できます。

テンポの変更や音源にエフェクトをかける工程は、全てDAWで行います。

有料のソフトを購入する予算がない場合は、簡易DAWを利用しましょう。

スタインバーグのオーディオインターフェースUR-RT2には、簡易版DAW「Cubase AI」とiPad用DAW「Cubasis LE」が付属しています。

オーディオインターフェイスの付属ソフトですが、初心者が基礎を学ぶのに役立つでしょう。

より詳しくDAWについてまとめた記事も参考にしてください。

【レコーディング初心者】機材・費用・おすすめDAWソフトを紹介!

2020.08.31

(3)ヘッドホン(スピーカー)

トラックメイカーになるには、ヘッドホンやスピーカーも揃えておきましょう。

集合住宅に住んでいる方は、騒音トラブルにならないためにもヘッドホンが必須です。

また、ヘッドホンをすることで、音のエフェクトなどを正しく聞くことができます。

ヘッドホンが嫌いで音が出せる環境の方は、モニタースピーカーを購入しましょう。

(4)MIDIキーボード

 

この投稿をInstagramで見る

 

dj A/D(@synthdactylprogram)がシェアした投稿

トラックメイクに必須のMIDIキーボードも購入しておきましょう。

MIDIキーボードとは、DAWに音源情報を入力するための専用機材です。

ピアノスタイルになっていて、直感的に音の打ち込みができます。

比較的安価に購入できるのがKORG「microKEY Air 25」です。

10,000円以内で購入でき、ワイヤレス接続も可能で利便性の高さも人気。

MIDIキーボードのおすすめは以下の記事でまとめましたので、参考にしてください。

作曲がはかどる!MIDIキーボードのおすすめ5モデル【2020】

2020.06.25

(5)オーディオインターフェイス

https://www.steinberg.net/ja/audio-interfaces/ur-rt2/

オーディオインターフェイスとは、マイクや楽器をPCと接続するための機械です。

PCに音声を取り込んだり、DAWで音源を録音するなどの役割を果たすため、トラックメイクに欠かせません。

スタインバーグのオーディオインターフェースUR-RT2は高価ですが、DAWの簡易版が付属しているため初心者にもおすすめです。

また、スマホで作曲したい方は、スマホ対応のオーディオインターフェイスを使いましょう。

スマホに対応しているオーディオインターフェイスは以下の記事でまとめています。

スマホ対応のオーディオインターフェース選定ポイントとおすすめ3選

2021.03.20

2.初心者はトラックメイクセットの購入もおすすめ

トラックメイクのために必要な機材がわからない方は、トラックメイクセットを購入してみましょう。

  1. セット販売のため価格が安い
  2. 迷わずに必要な機材を手に入れられる
  3. 初心者がトラックメイクの基礎を学ぶのにおすすめ

初心者は、機材のこともわからず購入自体に時間がかかってしまいます。

トラックメイクセットは、必要な機材が一気に手に入るため、届けばすぐにトラックメイクを始められるのがメリットです。

初心者向けトラックメイクセットの概要を解説します。

(1)セット販売のため価格が安い

トラックメイクセットは、全てセットで購入できるため比較的安価で購入できます。

先ほど紹介した5つの機材を購入するには、数十万円単位のお金が必要です。

トラックメイクを始めたいが、予算的に厳しく機材が揃わない方もいるでしょう。

MASCHINE MK3トラックメイク+レコーディング本気セットは、PCさえあればすぐにトラックメイクが始められるセットです。

機材選びに迷ってしまうなら、セットを購入した方が安価かつ早くトラックメイクを始められます。

(2)迷わずに必要な機材を手に入れられる

トラックメイカー初心者は、セットを買った方が機材選びに迷いません。

機材は様々な種類があり、初心者にはどの機材が良いか非常に悩むところです。

こだわりの機材がないのであれば、まずはセットを買ってトラックメイク技術を磨くことに集中しましょう。

トラックメイキングが上手くなったら、好みの音やリズムに合わせて機材を選べるようになります。

(3)初心者がトラックメイクの基礎を学ぶのにおすすめ

トラックメイクセットは、初心者がトラックメイクの基礎を学ぶのに最適です。

機材選びに時間を取られず、コストを抑えて必要な機材が揃います。

届けばすぐにでもトラックメイクを始められるので、初心者の方はセットから始めてみましょう。

3.PCは買いたくない方向け!スマホでトラックメイクする方法

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.paullipnyagov.drumpads24

PCがない、または買うお金がない方はスマホでもトラックメイクできます。

スマホでトラックメイクしたい方は、アプリを購入してスマホでトラックメイクしましょう。

Drum Pads 24 – Beats Makerは無料で利用でき、PADで音作りをする感覚をつかめます。

GooglePlayでもダウンロードできるので、iPhone・Android双方で利用可能です。

まとめ

トラックメイカーに必要な機材はたったの5つです。

PCを使いたくない方は、今持っているスマホにアプリをDLすれば、すぐにトラックメイクを始められます。

本格的にトラックメイカーを目指すなら、PCやMIDIキーボードの使用がおすすめ。

予算的に厳しい方は、個別に揃えるよりもトラックメイク初心者セットを購入しましょう。

まずは最低限の機材を購入して、今すぐトラックメイカーの第一歩を踏み出してください!

スカウトを受けたい方へ

関連記事