トラックメイカーの収入は?収入を得る手段と年収・収入を上げる方法5選

「トラックメイカーになりたいけど、収入はどれくらい?」
「トラックメイカーとして生活する方法はある?」

トラックメイカーの収入は、0〜1,000万円とかなり幅があり、統計を取ることは難しいです。

しかし、トラックメイクで収入を得る方法は多く、工夫次第で稼げる可能性はあります。

この記事では、トラックメイカーが収入を得る方法と年収、収入を上げる方法を紹介。

最後まで読めば、あなたも稼げる有名トラックメイカーの仲間入りできるでしょう!

1.トラックメイカーはどこで収入を得ているのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

dj A/D(@synthdactylprogram)がシェアした投稿

トラックメイカーは、どのような方法で収入を得ているのでしょうか?

  1. YouTubeなどオンラインプラットフォームで配信
  2. 委託販売・Webサービス配信
  3. 楽曲コンペの賞金
  4. 音楽レーベルでトラック制作
  5. 個人での楽曲販売

具体的には、以上の5つの方法でトラックメイカーは収入を得ています。

トラックメイカーが収入を得る方法について、1つずつ解説します。

(1)YouTubeなどオンラインプラットフォームで配信

トラックメイカーは自身の楽曲を、YouTubeなどオンラインプラットフォームで配信し、収益を得ています。

YouTubeはGoogleアドセンスという広告がつき、再生回数に応じて収益が入る仕組みです。

その他InstagramやTwitterなどのSNSで楽曲を配信し、知名度に応じて企業案件を受けることもあるでしょう。

SNSを活用して収入を得ているトラックメイカーは多いです。

(2)委託販売・Webサービス配信

トラックメイカーは、作成したトラックを委託販売したり、Webサービスとして配信できます。

楽曲を販売するサイトへ出品し、インセンティブを受け取る、またはWebサービスとして配信し、再生回数で報酬が発生する仕組みです。

ファンが多いほど楽曲が売れやすく、収入が得やすくなるでしょう。

(3)楽曲コンペの賞金

トラックメイクのコンペに出場し、賞金を得ることもできます。

コンペによって賞金の額が異なりますが、大規模な大会なら、賞金も高くなるでしょう。

賞金以外にも知名度を獲得できるため、有名になるためコンペに出場するトラックメイカーは多いです。

(4)音楽レーベルでトラック制作

トラックメイカーは、音楽レーベルを立ち上げて、トラック制作で報酬を得ることができます。

ジャンルによりますが、HIP HOP系のトラックメイカーは、自身の音楽レーベルを立ち上げて稼いでいることが多いです。

トラックメイカーやDJなどが集まり、共同で音楽制作を行います。

比較的安定した楽曲を制作しやすく、収入も安定しやすいでしょう。

(5)個人での楽曲販売

トラックメイカーの中には、ホームページから自作し、個人楽曲販売をしている人もいます。

全て個人で行うため、手間がかかりますが、楽曲制作で本格的に生活したい人はこの方法をとっていることが多いでしょう。

サイト作成やブログが好きな方は、楽曲販売と自身の知識を発信できるサイト作成に取り組んでみてください。

2.トラックメイカーの年収は?

トラックメーカーが収入を得る方法を解説しましたが、年収はいくらになるのでしょうか?

  1. トラックメイカーの年収はかなり幅がある
  2. 超有名トラックメイカーにならなければ生活は難しい

実はトラックメイカーの収入は一定ではなく、かなり幅があります。

一流のトラックメイカーと、セミプロでは大きな差があるでしょう。

(1)トラックメイカーの年収はかなり幅がある

トラックメイカーの年収は、かなり幅があります。

個人で20万円達成した方もいれば、全く稼げずに副業としてトラックメイクしている人も。

今やトップレベルで年収1,000万円以上のトラックメイカー「SUKISYA(すうきしゃ)」さんですら、ニートの時代があったそうです。

トラックメイカーは収入にかなり幅があり、0〜1,000万円と統計が取りづらい職業です。

(2)超有名トラックメイカーにならなければ生活は難しい

トラックメイカーとして生活できるのは、ほんの一握りの人だけです。

町有名なトラックメイカーになれない限りは、トラックメイクを本業にすることは難しいでしょう。

知名度があればSNSの広告収入や案件で収入を得ながら、楽曲の販売益も得られます。

一方で、知名度のないトラックメイカーは収入がないこともあるでしょう。

3.トラックメイカーとして収入アップを目指すには?

トラックメイカーとして稼げるようになるには、どうしたら良いでしょうか。

  1. 知名度を上げる
  2. トラックを作って世間に発信する
  3. コンペなどにも積極的に参加する
  4. カートシステムなどを活用する
  5. オリジナリティでファンを作る

収入を上げるためには、以上の5つのアイデアがあります。

トラックメイカーとして生きていきたい方は、参考にしてください。

(1)知名度を上げる

トラックメイカーは知名度が命です。

知名度がなければ、楽曲も売れず収益を得られないでしょう。

SNSを運用したり、楽曲を積極的に発信しましょう。

特にTwitterなど拡散性が高いSNSを利用することで、より多くの人に自身の楽曲や存在を知ってもらえます。

(2)トラックを作って世間に発信する

トラックをたくさん作り、世間に継続して発信しましょう。

今売れているトラックメイカーにも、下積み時代があります。

楽曲を知ってもらえるように、定期的に楽曲を発表して、SNSなどを通じて発表してください。

(3)コンペなどにも積極的に参加する

トラックメイカーの大会があれば、積極的に参加しましょう。

コンペで入賞すれば、賞金だけでなく知名度も得られます。

また、出場者でコネができ、レーベルの立ち上げができる可能性もあるでしょう。

トラックメイクの大会やコンペには、できる限り参加してください。

(4)カートシステムなどを活用する

トラックを販売するために、カートシステムも利用しましょう。

カートシステムとは、サーバーが提供するECサイトのようなショッピングカードを作れる仕組みです。

一からカートシステムを構築すると手間がかかりますが、既にあるシステムを使えば初心者でも簡単に楽曲を販売できます。

SNSと併用して、より多くのファンを集客して、カートシステムでトラックを販売しましょう。

(5)オリジナリティでファンを作る

トラックメイカーとして大事なのは、オリジナリティです。

あなたにしか作れないトラックを作れてこそ、ファンを獲得できます。

最初のうちは人の真似でも良いですが、作り続けていくうちに、あなた自身の音が見つかるはず。

オリジナルトラックの制作を目指し、毎日トラックを作りましょう。

まとめ

トラックメイカーの収入は幅があり、全く稼げない人もいれば、1,000万円以上の収入を得ている人もいます。

初めのうちは稼げず、バイトなどする必要がありますが、継続して発信を続ければ知名度が得られる可能性はあるでしょう。

トラックメイクで生きていくには、YouTubeなどのSNSを活用し、楽曲を知ってもらう必要があります。

コンペなども開催されているので、積極的に参加しましょう。

トラックメイカーとして収入を得て、一流アーティストの仲間入りできるよう、記事内容を参考にしてください!

スカウトを受けたい方へ

関連記事