ボイストレーナーになるには?仕事内容やキャリアパス・働き方を解説

「ボイストレーナーになるにはどうしたら良い?」
「ボイストレーナーとして働ける場所はどこ?」

ボイストレーナーの仕事は、顧客の声の悩みを解決する仕事であり、特定の資格が必要とされる仕事ではありません。

しかし人に教えるためには、豊富な知識やコーチングテクニックが必要です。

この記事ではボイストレーナーになるにはどうしたら良いか、仕事内容やキャリアパス、働き方を解説します。

ボイストレーナーになる方法がわかり、あなたが今何をすべきかわかる記事です。

1.ボイストレーナーになるには?知っておきたい仕事内容

ボイストレーナーになるにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは仕事内容について解説します。

  1. クライアントの声の悩みを解決する
  2. 歌手やアマチュアに発声方法・歌唱方法を指導する

ボイストレーナーになったら、どのような仕事を担当できるか考えて、イメージを膨らませておきましょう。

ボイストレーナーの仕事内容について、1つずつ解説します。

(1)クライアントの声の悩みを解決する

ボイストレーナーの仕事はクライアントの声の悩みを解決することです。

たとえばカラオケでうまくうたえないと悩んでいるアマチュアの方の歌唱指導をしたり、そのほか滑舌のトレーニングをしたりします。

声に関わる悩みを解決するのがボイストレーナーであり、歌唱指導だけが仕事ではありません。

人前で話せるようにするトレーニングや、プロ相手の歌唱指導なども仕事内容の1つです。

ボイストレーナーは、あらゆる声に関する悩みについてのプロフェッショナルであり、顧客の悩みをその知識を持って解決する仕事です。

(2)歌手やアマチュアに発声方法・歌唱方法を指導する

ボイストレーナーといえば、歌手に歌唱指導をしている人のイメージがあります。

しかし、相手はプロだけでなく、アマチュアの場合もあり、対象は歌手だけに限られません。

たとえば滑舌が悪くて悩んでいる人や、カラオケ大会に出場する前に通う方もいますし、習い事として歌唱指導を受ける人もいます。

またスピーチをする人の発声練習を担当することもあり、ボイストレーナーの仕事は非常に幅広いのです。

2.ボイストレーナーの年収は260〜750万円

ボイストレーナーの年収は平均的に260〜750万円程度です。

  1. 平均260〜750万円程度
  2. 働き方によって収入に差が出やすい

雇用形態や知名度によって収入に差が出やすく、一概に収入がこれくらいと定義できません。

ボイストレーナーになった後にどの程度の収入が得られるか、事前に把握しておきましょう。

(1)平均260〜750万円程度

ボイストレーナーの平均年収は、260〜750万円程度と差があります。

月に20万円程度の収入の人もいれば、1レッスン1万円以上で月に60万円以上稼ぐ人も。

プロ相手のボイストレーナーになれればレッスン料も高額であるため、稼ぎやすくなります。

一方アマチュア相手の場合は1レッスン数千円程度のため、レッスンの数によっては収入が低めになるでしょう。

(2)働き方によって収入に差が出やすい

ボイストレーナーは、働き方によって収入に差が出やすい業界といえます。

プロ相手のボイストレーナーで知名度があれば、年収1,000万円以上の人も。

また、音楽学校の講師はサラリーマンであるため、平均400万円程度の収入になる人が多いでしょう。

雇用形態や働き方によって、ボイストレーナーの収入には差が出やすいです。

3.ボイストレーナーになるには?よくあるキャリアパス

ボイストレーナーになるには、どのようなキャリアパスが必要なのでしょうか?

  1. 音楽学校で声楽を学んでボイストレーナーになる
  2. 独学で声楽を学びフリーランスでボイストレーナーになる

ここからはボイストレーナーになる方法を解説します。

(1)音楽学校で声楽を学んでボイストレーナーになる

ボイストレーナーになるには、音楽学校で声楽を学び、そこからボイストレーナーとして就職することが多いです。

トレーナーになるには知識が必要であり、音楽学校で自身がトレーニングを受けていた人が多いでしょう。

音楽学校を卒業すれば、就職先を紹介してもらえたり、横のつながりで仕事を得られることもあります。

今からボイストレーナーを目指すのであれば、音楽専門学校へ通って声楽を学ぶと良いでしょう。

(2)独学で声楽を学びフリーランスでボイストレーナーになる

ボイストレーナーは特に資格は必要ないため、独学で声楽を学んでトレーナーになることもできます。

自らボイストレーニングに通い、自分で声楽の知識をつけてからトレーナーとなるパターンです。

ただし、音楽学校の卒業実績などの経歴がつけづらいため、集客の難易度はやや高めとなります。

有名な声楽トレーナーについて師事する、またはボイストレーナーの民間資格を取得するなどして、信頼性を高める必要があるでしょう。

ボイストレーナーの資格については、以下の記事で解説しています。

ボイストレーナーに必要な資格とは?適正・資格取得するメリット・デメリットを解説

2022.09.18

4.ボイストレーナーとしての働き方

ボイストレーナーとしての働き方について解説します。

  1. ボイストレーニングスクールの講師になる
  2. フリーランスのボイストレーナーになる
  3. SNS発信を通じて集客する

ボイストレーナーは具体的にどこで働くのか?わからないと今後の予定が立てづらいですよね。

ボイトレ講師として収入を得るための方法を解説します。

(1)ボイストレーニングスクールの講師になる

ボイストレーニングスクールへ就職し、ボイストレーナーとして働くことができます。

小規模のスクールであればボイストレーナーとしての実績がなくても、声楽の知識があることが証明できれば雇用される可能性があるでしょう。

大手のスクールで雇用されるためには、トレーナーとしての実績も必要となります。

まずは小さなトレーニングスクールで講師の仕事を始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。

(2)フリーランスのボイストレーナーになる

フリーランスのボイストレーナーとして働くこともできます。

すでに知名度やコーチング経験があり、経歴があるなら個人でも集客は可能です。

過去の教え子が受講してくれたり、ネットでオンラインのボイストレーナーとしても働けます。

フリーランスのボイストレーナーは収入が保証されないものの、自由度が高く収入も頑張り次第で上がるため、モチベーションが高く、自由に働きたい方におすすめです。

(3)SNS発信を通じて集客する

ボイストレーナーとしての知名度を上げるために、SNS発信をして集客に役立てる方法も活用しましょう。

個人でボイストレーナーの仕事をする場合は、知名度がなければ集客自体が難しいです。

自分自身でボイストレーニングについての情報発信を行い、フォロワーを集めましょう。

SNSで有名になれば、集客に役立つほか、SNSであなたを見つけた人から仕事の依頼がもらえることもあります。

個人のボイストレーナーとして活動するならSNSは非常に有効ですので、集客のためにも自身の知識を発信してみましょう。

まとめ

ボイストレーナーになるには、まずは自分自身が声楽の知識が必要です。

なおかつ人に教えるテクニックが必要とされます。

特に明確な資格はありませんが、音楽学校を経由してトレーナーになる人、または自分でトレーニングに通い、そこで得た知識を活かしてトレーナーになる人が多いでしょう。

ボイストレーナーになるには、まずは声楽の知識が必須。

記事の内容を参考にして、知名度が高く生徒が自然と集まってくるようなボイストレーナーになりましょう!

スカウトを受けたい方へ

関連記事