ボイス トレーナーの年収はいくらくらい?平均年収と年収を上げるコツ

「ボイストレーナーの年収はどれくらい?」
「ボイストレーナーとしてより収入を上げるにはどうしたら良いんだろう?」

ボイストレーナーの平均年収は540万円程度ですが、稼げるトレーナーとそうでないトレーナーの差はかなり激しいです。

できることなら、年収が高い有名なボイストレーナーになりたいですよね。

この記事ではボイストレーナーの平均年収と働き方による年収の違い、年収を上げる方法を解説します。

最後まで読めばボイストレーナーとして、どうしたら年収の高いトレーナーになれるかわかりますよ!

1.ボイストレーナーの平均年収は540万円

ボイストレーナーの平均年収は540万円が最も多いボリュームゾーンです。

  1. 音楽スクールのボイストレーナーの場合
  2. プロ歌手のボイストレーナーの場合
  3. カラオケ向けボイストレーナーの場合
  4. フリーランスのボイストレーナーの場合

ボイストレーナーは,

年収が非常に高い人と低い人の差が極端に出やすいです。

今後ボイストレーナーになるにあたり、大体の年収のイメージをつけておきましょう。

(1)音楽スクールのボイストレーナーの場合

音楽スクールでボイストレーナーとして働く場合は、時給が大体2,000円程度となります。

時給2,000円で5時間ほどレッスンを受け持って働くと仮定すると、大体月収が20万円程度。

ボーナスなどを計算せずに単純に合計すると、年間で240〜260万円程度が年収となります。

大手の音楽スクールの場合は時給がさらに高いこともあり、年収がさらに上がるケースもあります。

(2)プロ歌手のボイストレーナーの場合

プロ歌手専属のボイストレーナーとして働く場合は、360〜540万円程度が平均年収となります。

1回のレッスンが1万円以上の知名度の高いトレーナー場合は、数時間レッスンをつけて年収700万円以上になることも。

知名度によって左右されますが、相手にする歌手が大物であればあるほど報酬は高くなります。

また、プロの歌手のコンサートなどへ同行してレッスンをつける場合は、別途費用が支払われることもあるでしょう。

(3)カラオケ向けボイストレーナーの場合

カラオケの歌唱指導をメインとしてボイストレーナーで働く場合は、年収は108〜240万円程度です。

相手がアマチュアのためレッスン料はさほど高くなく、1レッスン3,000円程度が相場。

レッスンの数によって月に稼げる金額は異なりますが、9〜20万円程度と人気によって差がでます。

(4)フリーランスのボイストレーナーの場合

フリーランスでボイストレーナーとして活動する場合は、活動内容によって収入に差が出ます。

たとえば有名なボイストレーナーは1レッスン1万円以上、プロに専属で月額で雇用されているケースもあるでしょう。

プロの歌手なら1レッスン数万円報酬がもらえることもあり、年収1,000万円以上になる人もいます。

アマチュアでフリーランスをしている場合は、1レッスン3,000円程度が相場となるため、年収は200〜300万円の間となります。

2.ボイストレーナーの年収は低い?年収を上げる方法

ボイストレーナーの年収を見て、「安い」と思った方もいると思いますが、仕事のやり方次第で年収を上げられます。

  1. 資格を取得して集客に役立てる
  2. ボイストレーナーの経験を積む
  3. SNSを通じて知名度を上げる
  4. 有名な歌手・アーティストのボイストレーニングを行う
  5. オンラインボイストレーナーなど仕事の幅を広げる

ボイストレーナーとして年収を上げて稼ぎたいと思っている人は、この5つの方法を実践してみましょう。

知名度が上がり、有名なトレーナーになる程ボイストレーナーの年収は上がっていきます。

1つずつボイストレーナーの年収を上げる方法を解説するので、将来の仕事のやり方に役立ててください。

(1)資格を取得して集客に役立てる

ボイストレーナーとして年収を上げるために、資格を取得して集客に役立てましょう。

フリーランスで働く場合は特に、あなたのボイストレーナーとしての実力を具体的に伝えなければ集客できません。

国家資格などはありませんが、ボイストレーナー向けの民間認定資格があります。

資格所持者であることを経歴に記載すれば、信頼感が生まれトレーニングの依頼が増える可能性があるでしょう。

また民間認定資格の取得により、その団体からトレーナーの仕事を振ってもらえる可能性もあります。

ボイストレーナーの資格について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ボイストレーナーに必要な資格とは?適正・資格取得するメリット・デメリットを解説

2022.09.18

(2)ボイストレーナーの経験を積む

ボイストレーナーとして年収を上げるために、経験を積んで実績を作りましょう。

まずは小規模でも良いのでミュージックスクールで勤務し、コーチング実績を積みます。

次にボイストレーニングのレッスンを通じて、クライアントの悩みを解決した実績を増やしていきましょう。

自分自身のボイストレーナーとしてのキャリアを積んで提示することで、徐々に生徒が増えていき、レッスンが増えれば年収も上がります。

(3)SNSを通じて知名度を上げる

ボイストレーナーとしての知名度が上がれば、集客も楽になってきます。

SNSを活用して、あなたのボイストレーナーとしての実力を知ってもらいましょう。

YouTubeでボイストレーニングの基礎知識を発信したり、Twitterなどの拡散性の高いSNSを使い、歌声を載せて実力を示すのもおすすめです。

ボイストレーナーの年収は知名度に比例しますので、ぜひSNSを活用してボイストレーニングの情報を発信しましょう。

(4)有名な歌手・アーティストのボイストレーニングを行う

ボイストレーナーとしての年収を上げるために、有名な歌手やアーティストのボイストレーニングを行う方法も有効です。

いきなり有名人の担当はできませんので、音楽学校の知り合いや仕事を通じて、徐々に人脈を作ります。

名刺を用意して仕事がもらえるよう音楽関係の人に頼んでおくと、不意に仕事が入ってくることもあります。

著名なアーティストのボイストレーナーはレッスン料が高いだけでなく、経歴として非常に効果的です。

今後ボイストレーナーとして活動するにあたり、有名歌手を担当したことは大きな実績となるため、人脈作りをして有名アーティストの担当ができるように根回ししましょう。

(5)オンラインボイストレーナーなど仕事の幅を広げる

ボイストレーナーとして年収を上げるには、単純にレッスンの数をこなす方法もあります。

対面でのレッスンは移動時間などのタイムロスも多いため、オンラインレッスンがおすすめです。

音楽学校でボイストレーナーをしながら、夜は副業でオンラインで働くこともできます。

Zoomなどのビデオ通話機能があるソフトを使い、オンラインでボイストレーニングをつければ、移動時間などもなくレッスンの数が増やしやすいでしょう。

たくさんの生徒を受け持つことで経験も増え、年収も上げられます。

まとめ

ボイストレーナーの年収は決して高くありませんが、知名度や担当するアーティストによっては高年収を目指せます。

音楽学校でボイストレーナーとしての実績を積んでから、徐々にレッスンを増やして年収を上げていきましょう。

ボイストレーナーとしての働き方は幅広いですが、まずは音楽学校の講師を経験してから、実績を積んで個人で独立するのがおすすめです。

記事の内容を参考にして、年収の高いボイストレーナーを目指しましょう!

スカウトを受けたい方へ

関連記事