サウンドクリエイターになるには?具体的な方法や仕事内容・必須のスキル

「サウンドクリエイターになるにはどうしたら良いんだろう?」
「サウンドクリエイターに必須のスキルはある?」

サウンドクリエイターとは、ゲームや映画の効果音・BGMを作る仕事です。

しかしどうやったらサウンドクリエイターになるにはどうしたら良いか、具体的な方法が分からない方もいるでしょう。

この記事ではサウンドクリエイターになるにはどうしたら良いか、仕事内容や年収情報、必須のスキルについて解説していきます。

サウンドクリエイターになりたい方は、この記事を参考にして将来への計画を立ててみましょう!

1.サウンドクリエイターになるには?

サウンドクリエイターになるにはどうしたら良いかを説明します。

  1. 音楽系の専門学校へかよう
  2. 独学で作曲を学ぶ
  3. 音楽系の会社へ就職する

将来的にサウンドクリエイターを目指している方は参考にしてください。

それでは1つずつ説明していきます。

(1)音楽系の専門学校へ通う

サウンドクリエイターになるには、音楽系の専門学校へ通う必要があります。

必須のキャリアではありませんが、一般的に音楽系の専門学校から音楽系の会社へ就職する人が大多数です。

一般的に就職活動の際に音楽制作のスキルを求められるため、それまでに音楽制作の基礎知識をつけておかねばなりません。

そのため音楽系の専門学校で基本的な音楽への知識と作曲スキルを育てる必要があります。

(2)独学で作曲を学ぶ

サウンドクリエイターになるために、独学で作曲を学ぶ方法もあります。

元々作曲が好きで積極的に曲作りに取り組んでいた方が音楽制作会社へ就職するケースもあるため、必ずしも専門学校への就学経験が求められるわけではありません。

独学で曲を作ってYouTubeやSNSで公開したり、コンペに応募している人がクリエイターになることもあります。

もう社会人になっており、今からサウンドクリエイターになりたい方は独学でクリエイターの仕事ができると覚えておきましょう。

(3)音楽系の会社へ就職する

サウンドクリエイターになるには音楽系の会社へ就職するのが一般的です。

専門学校を卒業してから音楽系の会社の求人を探し、仕事を始めます。

フリーランスでサウンドクリエイターになることもできますが、経験や実績も求められやすい業界のため会社でノウハウを学ぶのがおすすめです。

面接時点で作曲スキルは求められるため、面接や就職試験前に作曲スキルを磨いておきましょう。

2.サウンドクリエイターの仕事内容とは

サウンドクリエイターの仕事内容を説明します。

  1. ゲームサウンドやBGMの制作
  2. 音響コントロールなど

サウンドクリエイターの仕事は主に2つです。

将来どのような仕事を担当できるのか、イメージしながら読んでみましょう。

それではサウンドクリエイターの仕事を1つずつ説明します。

(1)ゲームサウンドやBGMの制作

サウンドクリエイターの仕事は、ゲームサウンドやBGMの制作です。

ゲームで流れる効果音やBGM、また映画で使われる音楽の制作を行います。

ゲームや映画で求められるイメージに沿った楽曲を作り、提供するのが主な仕事。

よく作曲家と混同されますが、原則サウンドクリエイターは作曲家の中の1つのジャンルで主に映画やゲームのBGMを担当する位置付けです。

(2)音響コントロールなど

サウンドクリエイターは、音響コントロールなどの仕事も担当します。

ゲームや映画では複数の音楽を同時に流すこともあり、音と音が重なり合って聞き取りづらくなることも。

そんな時にBGMの音量を調整するなどして、メインの音楽や声が引き立つように調整します。

自身が担当したゲームや映画の音響にも幅広く関わるのがサウンドクリエイターです。

3.サウンドクリエイターの年収は480〜530万円

サウンドクリエイターの年収は480万円から530万円が平均です。

  1. 正社員のサウンドクリエイターの場合
  2. 契約社員のサウンドクリエイターの場合
  3. アルバイトのサウンドクリエイターの場合
  4. フリーランスのサウンドクリエイターの場合

雇用形態によって年収が変わるため、詳細を説明します。

(1)正社員のサウンドクリエイターの場合

正社員のサウンドクリエイターの平均年収は400から608万円と言われています。

入社したばかりの頃はアシスタント業務も多く、さほど年収は高くありません。

しかし年次が上がり経験を積むにつれ、担当できる楽曲も増えてきて年収が上がる傾向にあります。

正社員雇用なので収入も安定しやすいのもメリットでしょう。

(2)契約社員のサウンドクリエイターの場合

契約社員のサウンドクリエイターの平均年収は、300から396万円程度です。

正社員より年収は落ちますが、勤務形態が比較的自由なのがメリットと言えます。

年収が落ちるのは正社員のような賞与が無いためと考えられます。

個人でサウンドクリエイターの仕事を並行して行う人も多いでしょう。

(3)アルバイトのサウンドクリエイターの場合

アルバイトのサウンドクリエイターの場合の年収は172万円から230万円です。

アルバイトで時給で給与を計算するため、年収はかなり低いでしょう。

ただし雇用形態としては自由度が高いため、複数のアルバイトを掛け持ちして経験を積むことができたり、副業で個人でサウンドクリエイターとして働くこともできます。

(4)フリーランスのサウンドクリエイターの場合

フリーランスのサウンドクリエイターの場合の平均年収は200〜1,000万円以上です。

かなり幅がありますが、この年収の格差は知名度に依存します。

知名度が高いサウンドクリエイターには依頼が殺到するため、年収も上がりやすいです。

依頼の単価も高くなり、かなりの年収を稼げます。

知名度が低いうちは年収が200万円程度と低めになってしまいますので、自分が作ったサウンドを拡散するSNSの活用などの工夫が必要です。

4.サウンドクリエイターになるための必須スキル

サウンドクリエイターになるための必須スキルを紹介します。

  1. 作曲・音楽スキル
  2. サウンドプログラミングスキル

必須の資格等はありませんが、作曲ができるのは基本です。

1つずつ説明していきます。

(1)作曲・音楽スキル

サウンドクリエイターになるための1つ目の必須スキルは、作曲・音楽スキルです。

ゲームや映画の効果音や音楽を作る仕事のため、作曲と音楽への知識は必須になります。

音楽専門学校で勉強する、または独学で作曲ができるようになっておきましょう。

作曲や音楽への知識とスキルがないと、サウンドクリエイターになれません。

(2)サウンドプログラミングスキル

サウンドクリエイターになるための2つ目の必須スキルは、サウンドプログラミングスキルです。

最近のBGMや効果音はMIDIを使用して作られることも多く、プログラミングスキルがないと就職などに不利になります。

自身でMIDIを扱えるようになる、またはMIDI検定を取得するのもおすすめです。

サウンドクリエイターが使う機器を扱える知識とスキルをつけるようにしましょう。

MIDI検定の詳細については以下の記事でまとめたので、参考にしてください。

まとめ

サウンドクリエイターとは、作曲家のジャンルの1つでゲームや映画の効果音やBGMを担当します。

必須の資格や学歴はありませんが、一般的には音楽専門学校から音楽系の制作会社へ入社するケースが多いでしょう。

独学でもサウンドクリエイターになれますが、年収が低いのが難点なので自身の音楽を拡散する工夫が必要です。

サウンドクリエイターになるためのスキルや経験を磨き、自分の納得のいく音楽を世の中に広めていきましょう。

オンラインでレッスンを受けるなら

「レッスンを受けたいけど、スタジオの感染対策に不安がある」
「固定の曜日ではなく、空いている時間に好きなだけレッスンを受けたい」
「近所にスタジオがなく、レッスンが受けられない」

そんな方には、空いている時間にオンラインで音楽のレッスンが受けられるcomeetがオススメです!

comeetなら、あなたの生活スタイルに合わせて、好きな時間に自宅でスキルを高められます!

今なら新規登録(無料)で、2回分のレッスンが無料!

ぜひお申し込みください!

関連記事