歌い手として有名になるためのコツは?5つのコツと2つの注意点

「歌い手として有名になるためにはどんなコツがあるの?」
「有名な歌い手になるために注意すべきことは何?」

このように悩んでいませんか?

歌い手として有名になるためには新しいファンを獲得しつつ固定ファンの心も掴み続けることが重要で、そのためにはコツや注意事項がいくつか存在します。

今回の記事では、歌い手として有名になるための5つのコツと有名な歌い手になるために注意すべき2つの事項を紹介します。

この記事を読んで歌い手として有名になるための方法を知り、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください

1.歌い手として有名になるための5つのコツ

歌い手として有名になるためのコツを、以下の通り5つの観点から紹介します。

  1. 歌い手としてのキャラクターを固める
  2. ミックスにこだわる
  3. 人気曲を歌う
  4. 動画を宣伝する
  5. 作品を定期的にアップする

順番に説明します。

(1)歌い手としてのキャラクターを固める

歌い手として有名になるためのコツの1つ目に、歌い手としてのキャラクターを固めることが挙げられます。

歌い手としてのキャラクターや歌い方が決まっていると、視聴者側も親しみがわき、覚えてもらいやすくなるからです。

キャラクターには、例えば明るいキャラ・可愛いキャラ・いじられキャラ・クールキャラなどさまざまな種類がありますので、有名歌い手のキャラクターも参考にしながら自分に合ったものを決めましょう。

ただし、実際の自分とあまりに違うキャラクターを設定してしまうと、生配信の際などに思わず素の自分が出てしまい、設定したキャラクターとの間にギャップが出じてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

このように、歌い手として有名になるためには歌い手としてのキャラクター固めをして、視聴者に覚えてもらいましょう。

(2)ミックスにこだわる

歌い手として有名になるためのコツの2つ目に、ミックスにこだわることが挙げられます。

ミックスとは各パートの音源を混ぜて全体のバランスを整える作業のことです。

いくら上手に歌が歌えていたとしても、このミックス作業を怠ると歌の良さが音楽全体の中で引き立ちません。

洗練された音源に仕上げるためには、必ずミックス作業を行うようにしましょう。

なお、ミックス師と呼ばれる音源を受け取ってミックスだけを行う専門家もいるため、このような人に外部委託するのもおすすめです。

このように、歌い手として有名になるためにはミックスにこだわる必要があり、自分でできない場合にはミックス師とよばれる専門家に委託する方法もあります。

(3)人気曲を歌う

歌い手として有名になるためのコツの3つ目に、人気曲を歌うことが挙げられます。

初心者の場合、まずは多くの人に歌を聴いてもらうことが重要であり、再生回数が伸びやすい人気曲を歌うのが効果的です。

人気曲であれば知らない曲と比べて多くの人に検索されるため、その分視聴される可能性が高まります。

人気曲きっかけで聴いた人でも、その声や歌い方に魅力を感じればその他の曲も聴いてみようかなと思うものです。

そうしてだんだんと固定のファンがつくようになれば、自分の好きな歌やオリジナル曲を歌っても聴いてもらえるようになってきます。

このように、歌い手として有名になるためにはまずは人気曲を歌い、自分の歌声を多くの人に知ってもらうきっかけにしましょう。

(4)動画を宣伝する

歌い手として有名になるためのコツの4つ目に、動画を宣伝することが挙げられます。

歌い手のファンは、Twitterを中心とするSNSを利用する人が非常に多い傾向にあります。

そのため、ただYouTubeやニコニコ動画に動画を投稿するだけでなく、SNSを使って動画を宣伝すると非常に効果的です。

Twitterであれば動画のURLを貼り付けるだけで簡単に動画を載せることができますし、Twitter内で動画を再生できるため、多くの人の目に触れられやすいのです。

このように、歌い手として有名になるためにはただ動画を投稿するのではなく、TwitterなどのSNSを活用してアップした動画を宣伝することが大切です。

(5)作品を定期的にアップする

歌い手として有名になるためのコツの5つ目に、作品を定期的にアップすることが挙げられます。

歌ってみた動画を1本投稿しただけでは、いかにその動画の出来がよくても視聴者の目にとまる機会がほとんどありません。

いくつもの動画をアップしておくことで、何かのきっかけで1つの動画を見てくれた方が他にはどんな歌を歌っているか興味を持って見てくれるのです。

そのうちあなたのファンになってくれた人は新しい作品のアップを心待ちにし、動画が更新されるたびに見に来てくれるようになります。

最初は再生回数があまり伸びてこなくてもあきらめず、コツコツと定期的に動画をアップしていきましょう。

また、固定ファンを飽きさせず継続して応援してもらうためにも作品を定期的にアップすることは重要です。

このように、歌い手として有名になるためには、新規ファンの獲得および固定ファンの維持のために新しい作品を定期的に更新することが大切です。

2.有名な歌い手となるために注意すべき2つの事項

次に、有名な歌い手となるために注意すべきことを以下の2点紹介します。

  1. 途中で名前を変えない
  2. 個人アカウントを使わない

順番に説明します。

(1)途中で名前を変えない

有名な歌い手となるための注意事項の1つ目に、途中で名前を変えないことが挙げられます。

歌い手の中には途中で名前をころころ変える人がいますが、これはおすすめできません。

名前を変えるたびにせっかく積み上げてきたブランド力はほぼ全て無くなってしまい、また一から活動を始めるも同然の状態になってしまいます。

実際に、人気のある歌い手であっても、名前を変えると再生数は大きく落ち込んでしまいます。

だから途中で名前を変えることがないよう、最初にじっくり検討して名前をつけることが大切です。

このように、有名な歌い手となるためには、途中で名前を変えることのないよう慎重に名前を決めましょう。

(2)個人アカウントを使わない

有名な歌い手となるための注意事項の2つ目に、個人アカウントを使わないことが挙げられます。

歌ってみた動画をはじめて投稿する時には、個人アカウントを使ってもよいでしょう。

個人アカウントの方があらかじめ知り合いとつながっているため、手早く宣伝しやすいというメリットがあります。

しかし、ある程度再生数が稼げるようになったら、公式アカウントを作ることをおすすめします。

有名な歌い手はみんな公式アカウントを使っていることから分かるように、公式アカウントを使うことで歌い手としてのブランドイメージがアップするのです。

公式アカウントを作ることに費用は発生しませんので、歌い手として有名になりたいと思う方はぜひ公式アカウントを使ってみてください。

このように、有名な歌い手となるためには、ブランドイメージのアップする公式アカウントを使うのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、歌い手として有名になるための5つのコツと有名な歌い手になるために注意すべき2つの事項を紹介しました。

歌い手として有名になるためには新しいファンを獲得しつつ固定ファンの心も掴み続けることが重要で、そのためにはコツや注意事項がいくつか存在します。

この記事を読んで歌い手として有名になるための方法を知り、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください

スカウトを受けたい方へ

関連記事