歌い手になるために必要な機材とは?9つの機材とお得に購入する方法

「歌い手になるにはどのような機器が必要?」
「歌い手に必要な機器を揃えるにはどれくらい費用がかかるの?」

このように悩んでいませんか?

歌い手になるためには、いくつかの機材が揃えておく必要がありますが、必ず準備しなければならないものと動画の品質を上げるためにできれば揃えておきたい機材に分けられます。

今回の記事では、歌い手になるために最低限必要となる5つの機材やできれば揃えておきたい4つの機材を紹介するとともに、これらの機材をまとめてお得に購入する方法も紹介します。

この記事を読んで歌い手に必要となる機材を揃え、ぜひ歌い手にチャレンジしてみてください。

1.歌い手になるために最低限必要となる5つの機材

歌い手になるために最低限必要な機材としては、以下の5つが挙げられます。

  1. パソコン
  2. DAW
  3. マイク
  4. マイクケーブル
  5. オーディオインターフェース

順番に説明します。

(1)パソコン

歌い手になるために最低限必要な機材の1つ目に、パソコンが挙げられます。

パソコンは、音楽制作および動画編集に必要となります。

音楽制作にはMacでなければならないというイメージがありますが、Windowsをお持ちの方であればそれで十分です。

パソコンのスペックが低すぎると音飛びやフリーズが発生してしまうので、CPUはCorei3・メモリは8GB以上でなるべくスペックの高いものを選ぶのが良いでしょう。

また、音楽ファイル・動画ファイルともにデータ容量が多いため、十分なディスクを用意しておくことも大切です。

このように、歌い手になるためにはパソコンが必要で、音楽制作や動画編集に使用します。

(2)DAW

歌い手になるために最低限必要な機材の2つ目に、DAWが挙げられます。

DAW(Digital Audio Workstation)とは、パソコン上で動かす音楽制作ソフトのことです。

有料・無料それぞれ多くの種類のソフトが存在しますが、初心者であればひとまずレコーディング機能を有する無料のソフトで良いでしょう。

ミックス作業まで自分でこだわって行いたいという方であれば、機能が豊富な有料版がおすすめです。

DAWについては以下の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてください。

DAWとは何?DAWでできる3つの機能とソフト選びの2つのコツ

2021.06.20

このように、歌い手になるためにはDAWが必要で、多くのソフトが開発されているため機能や価格を比較検討した上で自分に適したソフトを選びましょう。

(3)マイク

歌い手と歌手のどちらを目指すべきか

歌い手になるために最低限必要な機材の3つ目に、マイクが挙げられます。

マイクにはダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類が存在します。

ダイナミックマイクは安価で管理しやすく耐久性にも優れますが、音質はコンデンサーマイクに劣ります。

一方、コンデンサーマイクは高価で管理の手間がかかりますが、繊細で澄んだ音を録音することが可能です。

ただし、コンデンサーマイクは集音性能が非常に高いために外部の雑音や生活音まで拾ってしまう可能性があるため注意が必要です。

歌い手にとって、歌声をきれいに録音することは非常に重要ですので、価格や環境面での折り合いがつけばコンデンサーマイクを使うのが良いでしょう。

このように、歌い手になるためにはマイクが必要で、初心者には安価で扱いやすいダイナミックマイクが、音にこだわりたい人にはコンデンサーマイクがおすすめです。

(4)マイクケーブル

ボーカルのレコーディングの4つのコツ

歌い手になるために最低限必要な機材の4つ目に、マイクケーブルが挙げられます。

マイクケーブルは、録音した歌声をパソコンに取り込む際に必要です。

ケーブルが長すぎるとその分音は劣化し、ケーブルが短すぎると使い勝手が悪くなります。

自宅で使用するのであれば、3~5m程度のものを選ぶと良いでしょう。

このように、歌い手になるためにはマイクケーブルが必要で、特別高価なものを選ぶ必要はありませんが、長さに注意して購入しましょう。

(5)オーディオインターフェース

歌い手になるために最低限必要な機材の5つ目に、オーディオインターフェースが挙げられます。

オーディオインターフェースはマイクとパソコンを接続する役割を果たします。

オーディオインターフェースがなくてもPC用のマイクを用意すればよいと思われがちですが、PC用のマイクではパソコン本体から出る雑音をマイクが拾ってしまうため、せっかくの歌声が聞こえづらくなります。

また、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクを使用する場合には、通常のPCにはないXLR端子を接続する必要があるため、オーディオインターフェースは必ず準備しなくてはなりません。

ちなみに、コンデンサーマイクを使用する場合に必要となるファンタム電源を、オーディオインターフェースが内蔵している場合もあります。

コンデンサーマイクを使用する予定の方は、+48Vファンタム電源に対応したオーディオインターフェースを購入すると良いでしょう。

このように、歌い手になるためにはオーディオインターフェースが必要で、クリアな音質を確保するために必ず用意しましょう。

2.できれば揃えておきたい4つの機材

必須ではありませんが、より高品質な動画を作るためにできれば揃えておきたい機材は以下の4種です。

ヘッドホン録音時にオケや自分の声を聞きながら歌うために必要です。イヤホンでも代用できますが、ヘッドホンの方が音を正確に確認できるのでおすすめです。
マイクスタンドボーカル音は立って録音するため、マイクスタンドが必要です。自宅で使用する際には普段邪魔にならないコンパクトさも重要です。
ボップガードコンデンサーマイクを使用する際に、マイクに息を吹きかける際のノイズを防ぐことができます。
リフレクションフィルター録音時に周りの雑音や反射音を防止することができます。コンデンサーマイクを使用する時には特に準備して頂きたい機材です。

これらの機材があればより高品質な音を録音することができますので、予算や環境に応じてご準備ください。

3.機材をまとめて買う方法

歌い手になるために必要となる機材を一から購入する場合、スターターセットで一括購入するのがおすすめです。

歌い手に必要な機材は数が多く、それぞれ適切な製品を選んでいくのは大変ですが、スターターセットであればその手間を防げます。

また、機器同士が接続できないなどといった失敗を防ぐこともできます。

さらに、セットであるために、単体ごとに揃えるよりも価格が安価に抑えられています。

おすすめの機材としては、以下のセットが挙げられます。

品名Focusrite フォーカスライト オーディオインターフェースセット Scarlett Solo Studio Pack (3rd Gen) RECセット
セット内容オーディオインターフェイス本体/コンデンサーマイク/ステレオヘッドフォン/マイクケーブル/ポップガード/卓上マイクスタンド/ブームマイクスタンド
価格オープン価格

このように、歌い手になるための機器を一から購入する場合には、手間がかからず安価に済むスターターセットがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、歌い手になるために最低限必要となる5つの機材やできれば揃えておきたい4つの機材を紹介するとともに、これらの機材をまとめてお得に購入する方法も紹介しました。

歌い手になるためには、いくつかの機材が揃えておく必要がありますが、必ず準備しなければならないものと動画の品質を上げるためにできれば揃えておきたい機材に分けられます。

この記事を読んで歌い手に必要となる機材を揃え、ぜひ歌い手にチャレンジしてみてください。

スカウトを受けたい方へ

関連記事