シンガーソングライターになる方法?オーディションに受かる3つのコツ

「シンガーソングライターのオーディションの合格のコツはあるの?」
「シンガーソングライターのオーディションで受かる人はどのような人なの?」

シンガーソングライターを目指してオーディションを受ける人の中には、少しでも合格率を上げたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

実はオーディションに合格する人には共通の特徴があり、オーディションのコツを把握しておくと合格の可能性を高めることができるのです!

本記事では、シンガーソングライターになるためのオーディションに合格するコツや合格する人の特徴を紹介します。

この記事を読めば、オーディションの合格率を高めて、シンガーソングライターデビューに近づくことができますよ!

なお、以下の記事でシンガーソングライターになる方法を紹介しているので、オーディション以外の選択肢も検討している人はあわせてご覧ください。

シンガーソングライターになる方法とは?デビューに近づく3つのコツ

2020.09.30

1.オーディションに受かる3つのコツ

オーディションに受かる3つのコツ

オーディションに受かるコツを紹介します。

シンガーソングライターになるためのオーディションに受かるコツは以下の3つです。

  1. 自己PRでインパクトを残す
  2. 自分の魅力を最大限に引き出す曲を選ぶ
  3. コンセプトを把握する

順に紹介するので、オーディションを受けるときに意識してみましょう!

(1)自己PRでインパクトを残す

自己PRでインパクトを残す

オーディションに受かるには、自己PRでインパクトを残すことが重要です。

オーディションを受ける人は何千何万人といるので、普通に歌を披露しただけでは、余程他の参加者よりも圧倒的な歌唱力を持っていない限り、合格を勝ち取ることは難しいでしょう。

そのため、少しでも合格の可能性を高めるためには、審査員に覚えてもらうことがポイントです。

たとえば、以下のような方法で記憶に残る自己PRをすることができます。

覚えてもらいやすい自己PR例

  • 誰よりも大きな声を出して挨拶や自己紹介をする
  • 書類は手書きで提出し、丁寧に気持ちを込めて記入する
  • 緊張する場でもニコニコ楽しみながら歌う

突出した歌唱力がなくても、「そういえばあの誰よりも声を出して挨拶していた子、人前でも堂々としていたから歌手としての資質はあるな」と印象付けて合格を勝ち取ることができる可能性があります。

他の参加者との差別化を意識して、自己PRを行いましょう!

(2)自分の魅力を最大限に引き出す曲を選ぶ

自分の魅力を最大限に引き出す曲を選ぶ

自分の魅力を引き出せる曲を選ぶのが合格を勝ち取るポイントです。

歌で良いインパクトを残すことができれば合格できる可能性は高まりますが、披露できる時間は数十秒で、フルコーラスで歌うことはほとんとありません。

そのため、短い時間でも自分の魅力をアピールしなければならないので、自分が一番気持ちよく歌える音域が多い曲を選ぶことが重要です。

他にも以下のような基準で選曲することをおすすめします。

選曲のポイント

  • 印象が残りやすくするためにマイナーな曲を使う
  • 得意な歌唱スキルを多く使う曲を選ぶ(ビブラートが得意であればロングトーンが多めの曲にするなど)

高い音域で歌えればよいわけではないので、無理に高いキーを選ぶ必要はありません。

複数曲を披露する場合は、異なるジャンルの曲を歌うとアピールできるスキルが増えるので、スローテンポとアップテンポなど系統が違う歌でアピールしましょう!

(3)コンセプトを把握する

コンセプトを把握する

オーディションにはそれぞれコンセプトがあるので、自分の特徴に合ったオーディションに参加しましょう。

歌唱力が高くてもオーディションの開催目的に該当しなければ不合格になる可能性があります。

たとえば、以下のようなコンセプトでオーディションが行われることが多いです。

オーディションのコンセプト例

  • アニメやゲームの主題歌を主に歌う歌手を募集する
  • 聴く人に元気を与えられるアイドルを募集する
  • 聴く人を引き込むような歌唱力がずば抜けた人を募集する

何らかの目的で歌手を必要とし、求められる歌手像にマッチする人を全国から探すことがオーディションの根本的な目的です。

シンガーソングライターを目指す以上は、自分の思いを伝える表現力を評価してもらう必要があります。

アイドルなど理想像を押し付けられるコンセプトのオーディションなどではなく、パワフルさや透明感など自分の特徴を見てもらえるようなコンセプトのオーディションに参加しましょう!

2.オーディションに受かる人の4つの特徴

オーディションに受かる人の4つの特徴

オーディションに受かる人の特徴を紹介します。

オーディションに受かる人の特徴は以下の通りです。

  1. テンションを上げて自分を表現できる
  2. プロになることを普段から意識している
  3. 自分のウリを把握している
  4. 本番のミスを物ともしない

順に紹介するので、該当する人は自信を持ってオーディションを受けましょう。

もし、該当しない人は、考え方を変えて意識してオーディションに臨んでみてください。

(1)テンションを上げて自分を表現できる

テンションを上げて自分を表現できる

オーディションに受かる人は、テンションを上げて力強く自分を表現できる人が多いです

シンガーソングライターはリスナーの心を動かすことで評価されるので、気持ちを前面に出しながら歌うことが求められます。

シンガーソングライターを目指すのであれば、きれいに上手に歌おうとするのではなく、聴いている人が高揚するように気持ちを込めて歌いましょう!

(2)プロになることを普段から意識している

プロになることを普段から意識している

普段からプロの歌手になることを意識している人は、オーディションでも評価されやすいです。

歌手になるには歌唱力だけでなく、人前での佇まいや質疑応答などでも評価を得る必要があります。

本気でプロを目指している人は、日ごろから周囲の目を気にしているので、立ち姿や礼儀など歌以外の部分で加点されることがあるのです。

プロの歌手になると注目される存在になるので、日ごろから歌を練習するだけではなく、周囲から見られているなどプロ意識を持っておきましょう!

(3)自分のウリを把握している

自分のウリを把握している

自分の強みを理解している人は、本番でも自己PRに成功しやすいです。

自分のウリを把握していると、自分の魅力を一番アピールできる曲を選んだり、本番でウリの部分を強調して意識付けさせたりできます。

シンガーソングライターとして求められる表現力を評価される可能性が高いので、ハイトーンボイスやロングトーン、音域の広さなど自分の歌唱スキルの中で得意なことを意識して歌いましょう!

(4)本番のミスを物ともしない

本番のミスを物ともしない

ミスを怖がらずに本番に臨む人は、完全燃焼しやすい傾向があります。

オーディションでは緊張して歌詞を間違えたり、音程を外したりすることはあるものです。

ミスをすれば減点をされる場合はありますが、ミスを引きずって最後まで力を出し切れなければ合格が遠のく致命的な減点になります。

プロでさえも間違えることがあるから、多少ミスをしたところで大したことはないと開き直って堂々とオーディションに臨みましょう!

まとめ

オーディションはシンガーソングライターになる方法の1つです。

自己PRで審査員に覚えてもらったり、自分の特徴がコンセプトに合ったオーディションを受けたりすることで、合格を勝ち取れる可能性が高くなります。

今回紹介した4つの合格する人の特徴を参考にして、オーディションに臨みましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。