シンガーソングライターになる方法とは?デビューに近づく3つのコツ

「シンガーソングライターになるには何をしたらいいの?」
「シンガーソングライターになる必要なスキルってあるの?」

シンガーソングライターを目指している人の中には、何から始めたらよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

シンガーソングライターといえば、路上ライブをしているイメージがあるかもしれませんが、実はシンガーソングライターになる方法は多様化しており、自分に合った方法で目指すことができるのです!

本記事では、シンガーソングライターになる方法やなるためのコツを紹介します。

この記事を読めば、自分に合った方法でシンガーソングライターを目指すことができますよ!

1.シンガーソングライターになる4つの方法

シンガーソングライターになる4つの方法

シンガーソングライターになる方法を紹介します。

シンガーソングライターになる方法は以下の4つです。

  1. ライブ活動を行う
  2. SNSや動画投稿サイトで歌を投稿する
  3. オーディションに応募する
  4. レコード会社に見てもらう

順に紹介するので、どの方法が自分に合っているのか確認しましょう!

(1)ライブ活動を行う

ライブ活動を行う

シンガーソングライターになるには知名度を上げる必要があるので、ライブ活動をするのが一般的です。

ライブ活動もさまざまで、ライブハウスやイベント会場、路上ライブなどがあります。

ライブハウスやイベントの場合は、インターネットやポスターなどで出演者募集をしていることがあるので、小まめに情報を収集しておくことが重要です。

出演者の募集をしていれば、直接問い合わせることでパフォーマンスの機会を得ることができ、音楽関係者が見ている可能性があるので、プロデビューも実現するかもしれません。

前線で活躍している歌手の中には、路上ライブで有名になった人やグループもあるので、路上ライブを地道に活動することで知名度を広げシンガーソングライターになることも可能です。

周囲の人に迷惑をかけないように、ルールを守って路上ライブを実施しましょう!

なお、路上ライブのやり方を以下の記事で紹介しているので、あわせてご覧ください。

正しい路上ライブのやり方とは?ファンを獲得するための4つのコツ!

2020.09.30

(2)SNSや動画投稿サイトで歌を投稿する

SNSや動画投稿サイトで歌を投稿する

SNSや動画投稿サイトで知名度を広げるのも有効です。

SNSや動画共有サイトの普及により、利用者が多く効率的に知名度を広げることができます。

自分でプロデュースする必要があるので投稿に手間はかかりますが、気に入った人が拡散してくれるため、ファンの獲得をしやすくなるのです。

特にYouTubeなどの動画投稿サイトで動画再生数が増えれば広告収入も得られるので、継続して話題になることで収入面も期待できますよ。

SNSや動画投稿サイトから有名になってデビューした歌手もいるので、諦めずにコツコツ投稿しましょう!

(3)オーディションに応募する

オーディションに応募する

音楽プロダクションなどが定期的に開催しているオーディションに応募するのもおすすめです。

オーディションは音楽関係者に直接見てもらえるので、自分の実力を評価してもらえます。

シンガーソングライターとしての才能があると判断されれば、プロデビューの可能性が高いです。

さまざまな音楽プロダクションがオーディションを開催しているので、情報を集めて積極的に挑戦しましょう!

(4)レコード会社に見てもらう

レコード会社に見てもらう

自分で作詞作曲した歌を音源データにして、レコード会社に持ち込むのもシンガーソングライターになる方法の1つです。

オーディション以外で音楽関係者に注目してもらうには、レコード会社に営業する必要があります。

たとえば、レコード会社に音源データを送ったり、知り合いの関係者に紹介してもらったりすることで、営業することが可能です。

レコード会社に持ち込んだからといって必ずしもチェックしてもらえるわけではありませんが、何もせずに機会を待つよりも自分で行動してチャンスを増やした方がシンガーソングライターになれる可能性は高まります。

失敗を恐れずに、自分でチャンスを作りましょう!

2.シンガーソングライターになる3つのコツ

シンガーソングライターになる3つのコツ

シンガーソングライターになるためのコツを紹介します。

シンガーソングライターになるコツは以下の3つです。

  1. 演奏技術を身につける
  2. 作詞作曲のセンスを磨く
  3. 信念を持って歌う

順に紹介するので、参考にしてシンガーソングライターを目指しましょう!

(1)演奏技術を身につける

演奏技術を身につける

シンガーソングライターは演奏技術が必要なので、歌唱力だけでなく楽器の演奏スキルを高めましょう。

聴く人を魅了するためのパフォーマンス力を高めたり、高度な演奏テクニックを身につけたりすることで、着目してもらえるポイントが増えます。

シンガーソングライターになるには注目度を高める必要があるので、音楽経験者をも唸らせるほどの演奏スキルを身につけましょう。

(2)作詞作曲のセンスを磨く

作詞作曲のセンスを磨く

シンガーソングライターとして個性を出すために、作詞作曲のセンスを磨きましょう。

一般受けする曲の作成スキルはシンガーソングライターデビューするために重要ですが、デビュー後のファン層の確保のためには、独自の特徴を出す必要があります。

センスを磨くためには、さまざまなジャンルの曲を聴いて楽曲制作のレパートリーを増やすことがポイントです。

楽曲制作のパターンを一定にするのではなく、さまざまなジャンルの曲を制作して、オリジナル要素の強い楽曲制作を作れるようにしましょう!

なお、以下の記事で作詞作曲のコツを紹介しているので、あわせてご覧ください。

初心者が作曲するための5つのコツ!おすすめの作曲までの流れとは?

2020.05.14

初心者が作詞をするときのコツとは?基本の流れと注意すべき4つのミス

2020.07.29

(3)信念を持って歌う

信念を持って歌う

信念を持ってパフォーマンスすることで、リスナーにメッセージが伝わりやすくなりファン層を獲得しやすくなります。

シンガーソングライターは自分で歌に込めた思いを表現するので、リスナーにどのようなメッセージを届けたいのか意識して歌うことが重要です。

たとえば、以下のような信念を持って歌いましょう。

シンガーソングライターに重要な信念

  • 一日の始まりに聴いて元気を出して欲しい
  • 落ち込んだときに聴いて前向きになって欲しい
  • 背中を押して欲しいときに聴いて気持ちを奮い立たせて欲しい

シンガーソングライターとして活動するには、自分の歌でリスナーに何を伝えたいのか考えて、気持ちを込めて歌いましょう!

まとめ

シンガーソングライターになるには、ライブ活動やSNS・動画投稿サイト、オーディションなどいくつかの方法があります。

すぐにデビューを目指したいのであれば、オーディションに参加するかレコード会社に営業するのがおすすめです。

コツコツファンを増やしながら確実にプロデビューを目指すのであれば、ライブ活動やSNS・動画投稿サイトを活用しましょう。

今回紹介した3つのコツを参考にして、音楽家としてのスキルを高めて魅力的なシンガーソングライターを目指してみてください!

なお、以下の記事でオリジナル楽曲の作り方を紹介しているので、あわせてご覧ください。

オリジナル曲の3つの作り方!初心者が作曲する3つのコツを紹介

2020.05.14

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。