女性バンドの魅力が知りたい!現役バンド3選と過去の有名バンド2選

「おすすめの女性バンドと言えば誰?」
「そもそも女性バンドとは?」

このように悩んでいませんか?

女性バンドは、女性だけで構成されたバンドグループのことで、そのビジュアルや音楽技術・世界観を武器に、アニメ・ドラマ・CMの主題歌などさまざまな場面で活躍しています。

今回の記事では、女性バンドの概要を解説するとともに、現在活動中の有名な女性バンド3組と過去の有名な女性バンド2組をそれぞれ紹介します。

この記事を読んで女性バンドについて詳しく知ることで、ぜひ女性バンドの魅力に気付いてください!

1.女性バンドとは

女性バンドとは、女性だけで構成されたバンドグループのことを指し、ガールズバンド・ギャルバンなどとも呼ばれます。

厳密には、楽器を演奏しない歌だけのグループ(女性グループ)とも区別されます。

また、アイドルらしさやポップさに重きをおかず、音楽技術を重視するバンドのことを特に「女性ロックバンド」と呼ぶこともあります。

女性バンドは、ビジュアル・音楽技術・世界観などの魅力を武器に、男性はもちろんのこと女性からも人気が高いのが特徴です。

実際に、アニメ・ドラマ・CMの主題歌などさまざまな場面で女性バンドが活躍しています。

このように、女性バンドは女性だけで構成されたバンドグループで、男女問わず高い人気を誇ります。

2.現在活動中の有名な女性バンド3選

ここからは、現在活動中の有名な女性バンドを以下の3組紹介します。

  1. SHISHAMO
  2. SCANDAL
  3. yonige

順番に説明します。

(1)SHISHAMO

現在活動中の有名な女性バンドの1組目に、SHISHAMOが挙げられます。

SHISHAMOは神奈川県川崎市の高校の友人3人で結成され、途中メンバーの脱退・加入を経て現在も女性3人組ロックバンドとして活動しています。

ほぼ全ての作詞作曲も務めるボーカル宮崎さんの可愛らしい歌声と、各メンバーの演奏レベルの高さが注目され、デビュー前から大きな注目を集めていました。

2013年のメジャーデビュー後は順調に楽曲のリリースし、毎年のように大きな会場でライブ活動も行われています。

多くの女の子が心の奥深くに隠し持っている本音をリアルに表現した歌詞も、若者を中心とした多くの聴き手から支持を受ける要因となっています。

SHISHAMOの楽曲は、携帯電話やアイスなどのCMに起用されているため、知らず知らずのうちに聴いたことがある人も多いでしょう。

このように、SHISHAMOは音楽レベルの高さと共感できる歌詞が魅力の、3人組のガールズバンドです。

(2)SCANDAL

現在活動中の有名な女性バンドの2組目に、SCANDALが挙げられます。

SCANDALは、同じダンスボーカルスクールの生徒だった4人が楽器を勧められたことをきっかけに、2006年に結成した大阪出身のガールズバンドです。

2008年にシングル「DOLL」でメジャーデビューを果たすと、翌年には日本レコード大賞新人賞を受賞し、2015年には単独ワールドツアーを成功させ、今も世界的に華々しい活躍を続けています。

彼女たちの魅力としては、ルックスやファッション・メイクの可愛さ、音楽に対する真摯な努力に加えて、個々のメンバーの飾らない人柄やメンバー同士の中の良さなどが挙げられます。

サウンド面では、デビュー当初の粗削りでかっこいい音楽から、最近のスタイリッシュで洗練されたロックへと進化を遂げています。

このように、SCANDALは2008年のデビュー以降ワールドワイドに活躍を続ける4人組ガールズバンドです。

(3)yonige

現在活動中の有名な女性バンドの3組目に、yonige(よにげ)が挙げられます。

yonigeは、2013年の高校卒業のタイミングで結成された、バンドにしては珍しい2人組のアーティストです。

2015年リリースのミニアルバム中に収録された「アボカド」がYouTubeで200万回以上再生されたことをきっかけに、多くの若者から注目されるようになりました。

多くの女性が一度は経験したことのある異性への怒りや同性へのねたみを正直に歌い上げた歌詞が共感を呼び、同世代の女性から強い支持を得ています。

また、ボーカルの牛丸ありさはオーストラリア人の父を持つハーフで、その端正なルックスからGAPとコラボを果たすなどファッション業界からも注目されています。

このように、Yonigeはストレートな歌詞が同世代の女性の支持を得る2人組のガールズバンドです。

3.過去の有名な女性バンド2選

最後に、過去有名な女性バンドを以下の2組紹介します。

  1. プリンセスプリンセス
  2. チャットモンチー

順番に説明します。

(1)プリンセスプリンセス

引用:http://www.princess2.net/

過去の有名な女性バンドの1組目に、プリンセスプリンセスが挙げられます。

プリンセスプリンセスはレディースバンドオーディションで選出された5人組バンドで、1983年~1996年と2012年から2016年の間に活動した日本のガールズバンドのパイオニア的な存在です。

また、デビュー以降ミリオンセラーを連発し、国内のガールズバンドの中で最も商業的に成功した伝説のグループと言えます。

中森明菜や小泉今日子などの女性アイドルが華々しく活躍していた時代に強くかっこいい女性バンドとして颯爽と登場し、瞬く間に女性の憧れの的になりました。

さらにはその音楽性の高さから、女性バンドの枠にとどまらず、日本のロック界全体をけん引する役割も果たしました。

「Diamonds」「M」などのヒット曲は、最近でもさまざまなアーティストにカバーされ、愛され続けていますよね。

このように、プリンセスプリンセスは日本の女性バンドのパイオニアとも言われる国民的ロックバンドです。

(2)チャットモンチー

引用:https://www.chatmonchy.com/

過去の有名な女性バンドの2組目に、チャットモンチーが挙げられます。

チャットモンチーは2000年に徳島で結成されたガールズバンドで、途中メンバーの加入・脱退を経て2018年に2人組での活動を終えました。

2006年にリリースされた「シャングリラ」のヒット以降、若者を中心に絶大な支持を受け、ツアーやフェスにも精力的に参加しました。

チャットモンチーの魅力は、その可愛らしい見た目や歌声からは想像のできないかっこいいバンドプレイでしょう。

高音ボイスとリズミカルなメロディー、変則的なテンポが組み合わさり、複雑なバンドサウンドを奏でます。

その音楽性の高さから若い世代のバンドマンや音楽関係者にも非常に愛されており、高校の軽音部がコピーするバンドの定番になっています。

このように、チャットモンチーは2000年代以降のガールズバンドの中では突出した人気を博し、現在活躍するガールズバンドたちにも多大な影響を与える存在です。

まとめ

今回の記事では、女性バンドの概要を解説するとともに、現在活動中の有名な女性バンド3組と過去の有名な女性バンド2組をそれぞれ紹介しました。

女性バンドは、女性だけで結成されたバンドグループのことで、そのビジュアルや音楽技術・世界観を武器に、アニメ・ドラマ・CMの主題歌などさまざまな場面で活躍しています。

この記事を読んで女性バンドについて詳しく知ることで、ぜひ女性バンドの魅力に気付いてください!

スカウトを受けたい方へ

関連記事