リップロールとは?4つの効果と初心者でもできるやり方・コツを紹介

「リップロールにはどんな効果があるの?」
「リップロールはどうやってやるの?」

ボイトレをしている人の中には、リップロールがどのようなトレーニングなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

実はリップロールはボイトレの中でも特に重要なトレーニングで、リップロールによって歌唱力を大幅に向上させることができるのです!

本記事では、リップロールの効果ややり方、コツを紹介します。

この記事を読めば、リップロールでボイトレをして、歌唱力アップを狙えますよ!

1.リップロールとは

リップロールとは

リップロールとはボイトレの一つで、基礎ともいわれているトレーニングです。

唇を「プルプル」と震わせて発声するトレーニングで、多くの歌手や声優が発声練習でリップロールを行っています。

声を生業にしている人たちが毎日行っているトレーニングなので、ボイトレを始めたばかりの人も日々のトレーニングの一環として習慣づけましょう。

2.リップロールの4つの効果

リップロールの4つの効果

リップロールの効果を紹介します。

主な効果は以下の4つです。

  1. 歌うのに最適な息の量を把握できる
  2. 正しい音程で歌えるようになる
  3. 地声と裏声を自由に使いこなせるようになる
  4. 腹式呼吸をマスターできる

順に紹介するので、リップロールの目的を頭に入れておきましょう。

(1)歌うのに最適な息の量を把握できる

歌うのに最適な息の量を把握できる

リップロールをすることで、歌うのに最適な息の量を把握することができます。

歌声を安定させるためには、適切な息の使い方をすることが重要です。

歌っている途中に苦しくなったり、声がかすんだりする人は、息の量が不足していることが考えられます。

リップロールは息を吐くことで唇を震わせるのですが、このときの息の量が歌うのに最適なのです。

吐く息が少なければ唇を震わせることができませんし、多すぎてもリップロールは続きません。

ムラなく唇を震わせられるように、吐く息の感覚を覚えましょう。

(2)正しい音程で歌えるようになる

正しい音程で歌えるようになる

リップロールによって、正しい音程が取れるようになります。

声帯を動かすことで音程を取るため、上手く声帯を動かすことができない人は、自由に音程を変えることはできません。

リップロール中は声帯しか動かすことができないため、リップロールをしながら音程を取る練習をすることによって、声帯を動かす感覚を身につけることができます。

声帯の動きを微調整できるようになれば、それだけ細かく音程を取れるようになり、音の切り替えが激しい歌でも正確に音程を捉えることが可能になるのです。

声帯を自在に操れるようになって、音程をコントロールできるようになりましょう。

(3)地声と裏声を自由に使いこなせるようになる

地声と裏声を自由に使いこなせるようになる

地声と裏声を自由に使いこなせるようになる点も期待できる効果の一つです。

リップロール中は喉に無駄な力が入っておらず、裏声が出やすい状態になっています。

無理に高い声を出そうとすると、喉に力が入って声が裏返ったりかすれたりするため、裏声を自在に扱えるようになるには喉に力を入れずに高音を出す感覚を覚えることが重要です。

裏声を出すときも地声と同じくらいの声量と息量をキープすることができれば、地声から裏声にスムーズにつなげることができます。

リップロールをしながら音程を変えることで、吐く息の量を一定に保ちながら音程を動かす方法を身につけられるでしょう。

高音域を歌うときも喉に力を入れず、吐く息をキープすることを意識してみてください。

(4)腹式呼吸をマスターできる

腹式呼吸をマスターできる

息の吐き方を覚えることで腹式呼吸をマスターすることができます。

普段の生活では腹式呼吸ではなく胸式呼吸をしているため、初めの内は意識しなければ腹式呼吸ができません。

腹式呼吸をすることによって吐く息を安定させることができるので、声量アップや十分なロングトーンが期待できます。

リップロールは吐く息を安定させなければできないことから、リップロールをするためには腹式呼吸が求められるのです。

リップロールをマスターすれば特に横隔膜の使い方が身につくので、音域の拡大やビブラートなどのテクニック習得にもつながるでしょう。

3.リップロールのやり方

リップロールのやり方

リップロールのやり方を紹介します。

主なやり方は以下の通りです。

リップロールのやり方
  1. 上半身をリラックス状態にする
  2. 唇を閉じた状態で、やさしく空気を吐き出す
  3. 唇を「プルプル」とふるわせ、音を出す
  4. 吐く息の量を徐々に多くする
  5. 振動を長続きさせるように意識する

リップロールを長続きさせるには、横隔膜を使って息の量を一定に保つことが重要です。

鳩尾あたりに手を当てながら、喉に力を入れるのではなくお腹に力を入れて唇を震わせてみてください。

4.リップロールのコツ

リップロールのコツ

リップロールのコツを紹介します。

以下の項目を意識しながらリップロールに取り組んでみてください。

リップロールのコツ
  • 上唇と下唇でアヒル口を軽くつくる
  • 口角を上げて、リラックスして息を吐く
  • 唇の先を震わせるイメージ

息を吐いたときに唇が震えやすいように口角を上げてアヒル口を軽くつくっておくと、口周りがリラックス状態になり唇に無駄な力が入るのを防いでくれます。

唇の先を震わせるイメージで息を長く吐くことを意識すると、長い時間リップロールができるようになりますよ!

一度唇を震わすコツさえつかんだら、あとは繰り返し行ってリップロールの時間を伸ばしていきましょう。

まとめ

リップロールをすることで、歌唱力アップが期待できます。

初めの内はどうやったら唇が震えるのか分からないかもしれませんが、一度感覚を覚えるとこれまでできなかったのが嘘のようにあっという間にできるようになるので、諦めずに繰り返し練習しましょう。

どうしてもできない人は、口周りをリラックスさせることを意識してみてください。

マンツーマンのボーカルスクールなら

「実績のあるプロ講師から、マンツーマンでボイストレーニングを受けたい!」
「毎週の予定に合わせてレッスンのスケジュールを組みたい」

そんな方にはVERY MERRY MUSIC SCHOOLがオススメです!

音楽業界で実績を残し、今も活躍中の講師陣があなたの目標に沿ったマンツーマンレッスンをご提供します!

自分に合った講師を指名し、あなた専用のレッスンを受けることで最短距離での上達が可能です!

無料体験レッスンがホームページまたはお電話から受付中!

ぜひお申し込みください!

関連記事