カラオケで高得点を取るには?5つの採点基準と高得点が出やすい曲6選

community

「カラオケで高得点を出すにはどうしたらいいの?」
「カラオケで高得点を出すコツってあるの?」

カラオケで高得点を出したいと思っている人の中には、どうしたら点数が伸びるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

実はカラオケの採点には基準があって、いくつかのポイントを意識するだけで高得点を獲得することができるのです!

本記事では、カラオケの採点基準や高得点を取るコツ、高得点が出やすい曲を紹介します。

この記事を読めば、カラオケで高得点を取って自慢できるようになりますよ!

1.カラオケの主な採点基準5選

カラオケの主な採点基準5選

カラオケの採点基準を紹介します。

主な基準は以下の5つです。

  1. 音程
  2. 安定感
  3. リズム
  4. ロングトーン
  5. 歌唱テクニック

順に紹介するので、何を意識すべきなのかチェックしましょう。

(1)音程

音程

カラオケの得点基準の大部分は音程が占めています。

採点モードにすると、画面上部に表示される音程バーとどれくらい一致しているかでだいたいの点数は決まるのです。

音程バーを見ながら歌うことで音程の大きなずれを防ぐことができるため、小まめに音程バーに注目するようにしましょう。

(2)安定感

安定感

採点モードでは、どのくらい安定して正しい音程を取れているかが求められます。

最初から最後までむらなく安定して音が取れているかが重要なので、とあるパートは完璧に歌えても一部のパートで丸々音程がずれてしまうと、全体の平均では音程が取れていたとしても安定感がないと判断され、思うように点数が伸びません。

変に上手く歌おうとせずに、素直に音程バー通りに歌いましょう。

(3)リズム

リズム

リズムも大きな採点項目の一つです。

いくら音程が正しくても、リズムがずれていると音程バー通りに歌えていないと判断されてしまいます。

タメや走りがあると減点されやすいので、音程バーの流れに合わせて正しいリズムをキープすることを意識しましょう。

(4)ロングトーン

ロングトーン

しっかりロングトーンができているかも採点基準です。

曲によっては数秒間伸ばすパートがあります。

音程バーが同じ高さで長くなっている場合は、バーの最後まで途切れることなく発声し続ける必要があるのです。

しっかり最後まで声を伸ばすことで、音程が認知される箇所もあるため、音程バーの長さに合わせて声を出し切るようにしましょう。

(5)歌唱テクニック

歌唱テクニック

歌唱テクニックで加点を目指すことも可能です。

音程や安定感、リズムなどが得点の大部分を占めますが、途中でテクニックを入れることにより、得点が伸びやすくなります。

特に声に抑揚をつけることで高得点が狙いやすくなるのです。

歌詞には思いが込められているので、歌詞の内容を理解し歌で思いを伝えるような歌い方をすると、自然と発声に強弱が生まれるでしょう。

意図的に抑揚をつけるのが難しい人は、マイクを口に近づけたり口から遠ざけたりすることで物理的に抑揚をつけることができます。

また、他にも以下のようなテクニックを合わせて使うと得点が伸びやすくなるのです。

歌唱テクニック例

  • ビブラート:声を揺らす歌い方
  • しゃくり:本来の音程から高い音を滑らかに出す歌い方
  • こぶし:演歌のように声をうなり上げるような歌い方
  • フォール:本来の音程から低い音を滑らかに出す歌い方

何か一つでもいいので、自分が得意なテクニックを身につけておくとよいでしょう。

2.カラオケで高得点を出す3つのコツ

カラオケで高得点を出す3つのコツ

カラオケで高得点を出すコツを紹介します。

押さえるべきポイントは以下の3つです。

  1. ガイドメロディの音程を覚える
  2. アレンジを加えない
  3. マイクとの距離や持ち方を覚える

(1)ガイドメロディの音程を覚える

ガイドメロディの音程を覚える

カラオケで高得点を出すためには、音程を正確に捉えることが重要なので、ガイドメロディ(音程バー)の音程を覚えることをおすすめします。

歌詞も見ながら歌う必要があるため、終止音程バーを見ながら歌うことは難しいといえるでしょう。

音程さえしっかり押さえれば、90点はかたいです。

平均して90点を取れるようになったら、テクニックを入れて加点を狙っていきましょう。

(2)アレンジを加えない

アレンジを加えない

音程通りに歌うことが第一なため、変にアレンジを加えると逆に減点されてしまいます。

音程をあえてずらすことでオリジナリティを出し、聴いている人に上手く見せることはできますが、音程バーを基準に採点するシステムでは、逆に評価を得ることはできません。

アレンジを加えて音程やリズムがずれてしまうと、採点基準ではマイナス評価を受けて得点は全く伸びなくなるので、アレンジするのは避けましょう。

(3)マイクとの距離や持ち方を覚える

マイクとの距離や持ち方を覚える

正しいマイクとの距離や持ち方を覚えましょう。

マイクがあまりにも口に近すぎると音がこもってノイズになったり、口から遠すぎると声を拾えずに音が認識されなくなったりします。

どちらの場合も音程からずれていると判断されてしまうので、こぶし一個分を目安にキープして、抑揚をつけたいときはノイズにならない程度に近づけましょう。

また、マイクは下部を持つようにするのもポイントです。

マイクヘッドを握るとマスキング(手のひらでマイクを覆ってしまうこと)されて、音を拾いにくくなります。

マイクヘッドを握った方がかっこよく見えるかもしれませんが、高得点を狙いたいならマイクヘッドには触れないようにしましょう。

3.高得点が出やすい曲

高得点が出やすい曲

高得点が出やすい曲を紹介します。

特に音程の上下の回数が少ない曲ほど、正しい音程をキープしやすくなり高得点を取りやすくなるのです。

また、リズムが一定の曲も音程がずれにくくなり、高得点が狙えるでしょう。

男性と女性で高得点を取りやすい曲は以下のようなものがあります。

高得点が出やすい曲(男性)

  • 桜坂(福山雅治)
  • 3月9日(レミオロメン)
  • チェリー(スピッツ)

高得点が出やすい曲(女性)

  • ハナミズキ(一青窈)
  • 愛のうた(倖田來未)
  • 三日月(絢香)

カラオケで高得点を取りたい人は、これらの曲に挑戦してみましょう。

まとめ

カラオケで高得点を取りたい人は、まずは正確な音程を覚えて、基準となる音程バー通りに歌うことを心がけるのがポイントです。

最初はテクニックに頼らずに、採点の基準を把握し減点されない工夫をすることをおすすめします。

安定して90点以上取れるようになったらテクニックで加点を狙って、より高得点を目指しましょう。

もし、なかなか高得点を取れない人は、今回紹介した曲で90点以上を狙ってみてください。

community

関連記事

Wellen

特別なご招待

音楽好き

のための

クローズドコミュニティ