おすすめの音楽に関わる仕事10選!自分に適した仕事を選ぶコツ

「音楽に関係する仕事ってどんなものがあるの?」
「音楽関連の仕事に就くにはどうしたらいいの?」

就活中の人の中には、音楽に関われる仕事がないか探している人もいるのではないでしょうか。

実は音楽に関わる仕事は無数にあり、個人のスキルや興味によってさまざまな選択肢があるのです!

本記事では、音楽に関わる仕事や音楽関連の仕事に就くコツを紹介します。

この記事を読めば、何の音楽関連の仕事に就こうか決めるときの参考になりますよ!

1.おすすめの音楽に関する仕事10選

おすすめの音楽に関する仕事10選

おすすめの音楽系の仕事を紹介します。

今回紹介する仕事は以下の10個です。

  1. 歌手
  2. バンドマン
  3. スタジオミュージシャン
  4. 作曲家・作詞家
  5. アレンジャー
  6. 音楽プロデューサー
  7. サウンドクリエイター
  8. レコーディングエンジニア
  9. コンサートプロモーター
  10. 音楽講師
  11. その他

最後に細かい仕事などもまとめておりますので、どのような音楽関連の仕事があるのかチェックしてみてください。

(1)歌手

歌手

音楽系の仕事といえば、歌手を一番に思い浮かべる人が多いでしょう。

一般的には、レコード会社のオーディションを受けて所属することが多いですが、YouTubeなどで個人で活動している人も増えています。

名前が売れるまでは収入が少ないですが、知名度が広がると十分生計を立てていくことは可能です。

以下の記事で具体的に歌手になる方法について紹介しているので、歌手を目指す方はそちらも参考にしてみてください。

【歌手になるには】有名アーティストの歌手になるまでの3つの事例

2021.02.05

(2)バンドマン

バンドマン

歌手とは別にバンドマンとして生きる道もあります。

バンドマンとして活動するためには、高い演奏技術が求められるので、独学や音楽スクールに通って実力を高めましょう。

ある程度実力をつけたら、音楽レーベルにデモ音源を送るかオーディションを受けるなどして、音楽関係者に演奏スキルをアピールしていきます。

また、ライブハウスやYouTubeなどで多くの人に演奏スキルをアピールするのも効果的です。

とにかく少しでも多くの人に演奏スキルを見せるようにしましょう。

(3)スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャンという職業もあります。

主にレコーディングの演奏を担当するのが一般的ですが、まれにライブの演奏サポートをすることもあるため、便利屋的な立場の仕事です。

さまざまなアーティストとかかわる可能性が高いので、人脈を広げやすい傾向があります。

演奏スキルが高ければ誰でもなることができる職業なので、演奏スキルに自信がある人はスタジオミュージシャンを目指すのも良いでしょう。

(4)作曲家・作詞家

作曲家・作詞家

作曲家や作詞家として楽曲制作に携わることも選択肢の一つです。

バンドマンのように高い演奏スキルは求められませんが、独創性が必要な仕事で、クリエイターとしての感性が求められます。

自分が携わった楽曲をアーティストに歌って欲しい人や、楽曲制作自体が好きな人は作曲家や作詞家がおすすめです。

なお、以下の記事で作曲家や作詞家になる方法を紹介しているので、楽曲制作関係の仕事に就きたい人は参考にしてみてください。

プロ作曲家になるには?5つの方法と有名作曲家の経歴も紹介

2020.06.24

【歌詞で想いを届ける】作詞家になるための習得すべき4つのスキル

2020.07.28

(5)アレンジャー

アレンジャー

アレンジャーとは、簡単に言うと編曲を担当する人のことです。

作曲家が作った音源をテーマに一致するように曲調をアレンジするのが仕事で、楽曲のクオリティを向上させることができます。

編曲はとにかく経験がモノを言う職業で、編曲の引き出しを増やすためにとにかく編曲作業を繰り返し行うことがポイントです。

フリーランスから活動を始めることもできるので、まずはクラウドソーシングなどで実績を積みましょう。

(6)音楽プロデューサー

音楽プロデューサー

作曲家や作詞家に留まらず、音楽プロデューサーとして活動する選択肢もあります。

日本で有名な音楽プロデューサーといえば、小室哲也さんや秋元康さんを思い浮かべる人が多いでしょう。

もともとアーティストや作詞・作曲をしている人が音楽プロデューサーを務めていることが多いため、音楽プロデューサーになるには、音楽家として知名度を高めることが重要です。

いきなり音楽プロデューサーになるのは難しいですが、やりがいのある仕事なので興味のある人は目指してみましょう。

なお、以下の記事で音楽プロデューサーになる方法を紹介しているので、そちらもあわせてご覧ください。

音楽プロデューサーになるには?楽曲作りに欠かせないスキルや知識とは?

2021.10.15

(7)サウンドクリエイター

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターとして活動する手段もあります。

作曲家のように1曲を作り上げるのではなく、効果音やBGMを作るのが主な仕事です。

ゲーム制作やCM制作で活躍の場が多いので、コンテンツ作りに参加したい人におすすめします。

クラウドソーシングなどでフリーランスで活動するか、ゲーム会社やCM制作会社に入社することでサウンドクリエイターとして活動できるでしょう。

(8)レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニア

音源の編集が得意な人には、レコーディングエンジニアをおすすめします。

レコーディングのミキシングを主に行い、楽曲のクオリティに直結する大事な仕事です。

エンジニアの腕次第で楽曲の出来が左右されるため、やりがいのある仕事といえます。

レコーディング会社に入社するのが一番の近道ですが、自分のスタジオを立ち上げてフリーランスとして活動することも可能です。

以下の記事で具体的にレコーディングエンジニアになる方法について紹介しているので、あわせてご覧ください。

レコーディングエンジニアの業務と必須能力とは?辛くて年収も低いって本当?

2020.08.28

(9)コンサートプロモーター

コンサートプロモーター

コンサートプロデューサーは、コンサートのプロデューサーの立ち位置でコンサートを仕切る仕事です。

アーティストの出演交渉から、コンサートの企画、広報活動など、コンサートにかかわる全てのことを管理します。

コンサート当日は、現場の責任者として最前線で指揮を取るので、音楽スキルよりもリーダーシップやコミュニケーション能力が求められるでしょう。

イベントごとが好きな人におすすめの職業なので、コンサートを企画してみたい人は、イベント会社に入社してコンサートプロモーターを目指してみてください。

(10)音楽講師

音楽講師

人にモノを教えるのが好きな人は、音楽講師も選択肢に入るでしょう。

音楽学校の講師や音楽教室のインストラクター、中学・高校の吹奏楽部の指導員など、音楽を教える場はさまざまです。

高い音楽スキルだけでなく、人に伝える能力も求められるため、高いコミュニケーション能力は必要でしょう。

専門学校や音大に通うか、ヤマハ音楽能力検定の指導項目の試験を受けるなど、講師資格の取得を目指してみてください。

(11)その他

その他

音楽関連の仕事は無数にあるので、他にも選択肢は豊富です。

たとえば、以下のような仕事があります。

音楽関連の仕事例
  • 音楽療法士
  • 音楽著作権管理
  • 音楽ライター
  • 音楽雑誌編集者
  • PA(拡声装置)エンジニア
  • クラフトマン
  • リペアマン
  • 楽器店スタッフ

治療や療養のために音楽を普及したり、楽曲を管理・宣伝したりする仕事もあれば、楽器を作ったり売ったりする仕事もあります。

音楽関連の仕事といっても、立場によって仕事内容がガラッと変わることを押さえておきましょう。

2.音楽に関する仕事選びのコツ

音楽に関する仕事選びのコツ

音楽に関する仕事を選ぶときのコツを紹介します。

特に以下のことを意識しておきましょう。

仕事選びのコツ
  • 好きなことに挑戦する
  • やりたいことをイメージする

音楽関連の仕事は立場によって仕事内容が大きく異なるため、音楽の何に興味があるのかによって選ぶべき職業が変わってきます。

たとえば、パソコンを使った作業が好きであれば、アレンジャーやエンジニアが向いています。

楽器自体が好きな人であれば、クラフトマンや販売店スタッフが適任です。

どの仕事をするか迷っている人は、音楽の何が得意で何に興味があるのかを考えてみましょう。

まとめ

音楽関連の仕事は無数にあります。

働く立場によって全く異なる仕事内容になるので、仕事を選ぶときは得意なことや興味のあることを基準に選ぶのが重要です。

どの仕事に就くか迷っている人は、今回紹介した仕事を参考に、自分に何の仕事が向いているのか考えてみましょう!

マンツーマンのボーカルスクールなら

「実績のあるプロ講師から、マンツーマンでボイストレーニングを受けたい!」
「毎週の予定に合わせてレッスンのスケジュールを組みたい」

そんな方にはVERY MERRY MUSIC SCHOOLがオススメです!

音楽業界で実績を残し、今も活躍中の講師陣があなたの目標に沿ったマンツーマンレッスンをご提供します!

自分に合った講師を指名し、あなた専用のレッスンを受けることで最短距離での上達が可能です!

無料体験レッスンがホームページまたはお電話から受付中!

ぜひお申し込みください!

関連記事