【死活問題】NFT音楽は売れない?知らないと損をする対処法

「NFT音楽は売れないって聞いたけど本当?」
「NFT音楽を売り出したのに全く売れない。何か対策はある?」

NFT音楽が売れないと悩んでいる方、またやってみたいけど売れないならやる意味がないと感じている方もいますよね。

しかし、NFT音楽が売れないのには理由があり、改善すれば売れる可能性は大いにあるんです!

この記事ではNFT音楽が売れない理由5つとNFT音楽が売れない場合の6つの対処法を解説します。

NFT音楽が売れなくて悩んでいる方、今から販売する方もこの記事の内容を実践すれば、売り上げアップ間違いなしですよ。

NFT音楽の概要自体を知りたい方は、以下の記事も併せて読んでみてください。

歌い手として有名になるためのコツは?5つのコツと2つの注意点

2022.07.30

歌い手とVTuberはどう違う?歌い手・VTuberの概要と違い

2022.07.28

歌い手が得られる収入はいくら?収入を得る6つの方法と2つの経費

2022.07.26

ボカロと歌い手にはどんな関係がある?ボカロ曲を歌う有名な歌い手4名

2022.07.24

歌い手になるために必要な機材とは?9つの機材とお得に購入する方法

2022.07.22

1.NFT音楽は売れない?売れない5つの理由を説明

NFT音楽が一概に売れないかというとそうではありません。

どうしても売れない方は、以下の5つの理由に当てはまっていないかチェックしましょう。

  1. そもそもNFT音楽が日本で十分に普及していない
  2. NFT音楽を作成しているミュージシャンも少ない
  3. 自分自身の知名度が低く投資価値がないと思われている
  4. プラットフォームの利用者が少ない
  5. プラットフォームのペルソナと音楽のペルソナがずれている

売れない理由を正しく分析して対応すれば、NFT音楽が売れる可能性はあります。

1つずつ説明するので、次の項目で紹介する対処法もしっかり読んで、せっかく作ったNFT音楽を売れるNFTにしましょう!

(1)そもそもNFT音楽が日本で十分に普及していない

NFT音楽が売れないと言われるのは、そもそもNFT自体が日本で普及していないためです。

そもそも暗号資産の保有率は日本ではわずか5.8%程度、その中でNFTを所有している人はさらに少なくなります。

日本人口の中でまだ利用者が少ないNFTジャンルは、認知されていないのが現状です。

そのため、よほど知名度がないとNFT音楽が売れづらいと言われています。

(2)NFT音楽を作成しているミュージシャンも少ない

NFT音楽を扱っているミュージシャン自体も少ないです。

日本でNFTが認知されていないため、まだまだ音楽のリリースはCD・Mp3が主流。

日本でNFT音楽を積極的にリリースしているのは、「小室哲哉」さんや「Beeple」などです。

さらに多くのアーティストたちが楽曲をNFTとして販売すれば、さらに周知される可能性はあります。

しかし、現状ではまだまだ日本のNFT音楽ジャンルは発展途上です。

現時点でNFT音楽を発表しているアーティストを知りたい方は、以下の記事も併せて読んでみてください。

NFT音楽を発表しているアーティスト10選!国内外超人気の歌手を紹介

2022.06.11

(3)自分自身の知名度が低く投資価値がないと思われている

NFT音楽の価値が高いのは、その希少性からです。

例えば小室哲哉さんが発表した未発表曲NFTは、50万円で落札されました。

これは小室哲哉さん自身の知名度と人気あってのことです。

しかし、これが無名のアーティストの場合はファンも少なく、また仮に購入して数年後に化体が上がる期待が持てません。

そのため、投資家たちの目に留まらずNFT音楽が売れないことがあります。

(4)プラットフォームの利用者が少ない

NFTプラットフォームによってはまだユーザーが少なく、それが原因で音楽が売れないことがあります。

新規のプラットフォームが続々できることでユーザーが分散するからです。

Openseaなど大手のプラットフォームは利用者が多いですが、新しいプラットフォームはまだ認知されていません。

人の少ない場所で音楽を売っても当然売れないでしょう。

(5)プラットフォームのペルソナと音楽のペルソナがずれている

NFTプラットフォームが狙っているターゲットと、売りたい音楽NFTのペルソナがずれている可能性もあります。

例えばアートを主に取り扱うNFTマーケットは、アートが好きなターゲットに向けて情報発信をしているため、音楽は売れづらい傾向にあるでしょう。

また、若いユーザーが多いNFTプラットフォームで、大人向け楽曲を販売しても興味を持たれない可能性が高いです。

自信が売りたい音楽とNFTマーケットプレイスのターゲットが合致しているか確認する必要があります。

2.NFT音楽が売れない場合の対策6選

NFT音楽が売れない場合は、以下の6つの対策を試してみましょう。

  1. SNSやYouTubeを活用して宣伝する
  2. プラットフォームを変えてみる
  3. 海外向けの音楽を制作してみる
  4. 継続して音楽を発信し続ける
  5. プラットフォームのターゲットを意識する
  6. 売れているNFT音楽を購入し調査してみる

せっかく作ったNFT音楽を売り、自身の楽曲をより広く聞いてもらうために有効な方法です。

1つずつ説明します。

(1)SNSやYouTubeを活用して宣伝する

NFT音楽を好むターゲット層は、各種SNSなどネットを駆使している世代が多いです。

そのため、SNSやYouTubeを活用して自身の楽曲を発表してファンになってくれればNFTを買ってくれる可能性が高まるでしょう。

自身のSNSにNFTマーケットプレイスへのリンクを貼れば、そのリンクから音楽NFTが売れていきます。

無名な状態ではNFTの価値が認められないため、当然NFTは売れません。

宣伝活動の一環として、自身の存在をSNSで発信しましょう。

(2)プラットフォームを変えてみる

プラットフォームとの相性が問題の場合は、別のプラットフォームを使ってみましょう。

音楽NFT専門のプラットフォームを使ってみたり、より人の多い知名度の高いプラットフォームに変えるのも手段の1つです。

1つのNFTプラットフォームに固執せず、売れるプラットフォームを探していく努力も必要となります。

NFTプラットフォームについては以下の記事で紹介していますので、併せて参考にしてください。

歌い手として有名になるためのコツは?5つのコツと2つの注意点

2022.07.30

歌い手とVTuberはどう違う?歌い手・VTuberの概要と違い

2022.07.28

歌い手が得られる収入はいくら?収入を得る6つの方法と2つの経費

2022.07.26

ボカロと歌い手にはどんな関係がある?ボカロ曲を歌う有名な歌い手4名

2022.07.24

歌い手になるために必要な機材とは?9つの機材とお得に購入する方法

2022.07.22

(3)海外向けの音楽を制作してみる

NFT市場は日本ではまだ知られていませんが、海外では大きなムーブメントとなっています。

そのため日本向けでなく、海外向けに音楽発信をするとNFT音楽が売れる可能性があるでしょう。

英語ができる方は英語で楽曲を作る、また日本で人気のアニソン・ゲーム系の音楽も売れやすいです。

(4)継続して音楽を発信し続ける

NFT音楽が売れないからと、制作をやめてしまえばファンがつきません。

コツコツアップロードしていけば、あなたのNFT音楽が誰かの目に止まり、買ってもらえる可能性が上がります。

販売し始めてすぐにNFT音楽が売れることはありませんので、継続して音楽制作・販売を続けましょう。

(5)プラットフォームのターゲットを意識する

NFT音楽とプラットフォームのターゲットが一致しているか確認しましょう。

若者向けの音楽なら、若い人が多いNFTプラットフォームを利用すべきです。

また、登録しているNFTプラットフォームユーザーが音楽NFTを求めているかもチェックしてください。

最近は音楽専用NFTマーケットもリリースされているので、専門性の高い音楽NFT専門のプラットフォームを利用するのも良いでしょう。

(6)売れているNFT音楽を購入し調査してみる

利用しているNFTプラットフォームで人気の音楽を買って視聴してみましょう。

売れている音楽の傾向を知ることで、トレンドの楽曲やNFT音楽としてニーズの高い楽曲が分かります。

自身が作曲する際の参考になるため、ライバルの楽曲をあえて買ってみるのも手段の1つです。

まとめ

NFT音楽は売れないと言われますが、原因を分析して対策すれば売れる可能性はあります。

まだまだ日本では認知が低いため、楽曲を海外向けに発表するのも良いでしょう。

記事の中で紹介したさまざまな対策を試してみて、継続して音楽NFTを販売するのが成功のコツ。

NFTプラットフォームで求められるNFT音楽をリサーチし、売れる楽曲を作りましょう!

関連記事