【初心者必見】NFT音楽の作り方!デジタル音源作りに欠かせないソフトウェアも紹介

「NFT音楽の作り方は?」
「デジタル音源を初めて作るんだけど、どうやったら作れるの?」

NFT音楽を作る方法は意外と簡単です!

しかし暗号資産の購入が必要など、初心者にとってはハードルが高い面もあります。

この記事ではNFT音楽の作り方と必要なソフトウェアや取引所、ウォレットなどを解説。

最後まで読めば、初心者の方でもNFT音楽の作り方を学び、自身の楽曲を世の中に販売できるでしょう!

1.初心者でもできる!NFT音楽の作り方の基本ステップ

初心者でも簡単にNFT音楽を作る方法を紹介します。

  1. デジタル音源を作る
  2. 暗号資産を購入するための国内取引所口座を開設する
  3. NFT音楽を売れるプラットフォームに利用登録する
  4. デジタルウォレットに登録する
  5. プラットフォームにデジタル音源をアップロードしてNFT音楽を作る

NFT音楽を作って販売してみたい方は、以上の5つのステップでNFT音楽を制作できます。

1つずつ説明していきますので、早速実践してNFT音楽を作ってみてください。

(1)デジタル音源を作る

NFT音楽を作るにはまず、デジタル音源を作る必要があります。

作曲・作詞の方法などは従来通りの方法で構いませんが、デジタル音源に変換しないとNFT販売のプラットフォームへのせられません。

打ち込みなどで楽曲を作り、ミックス作業をしてまずはデジタル音源を作りましょう。

ボーカルミックスの方法などは、以下の記事で詳しく解説するので併せて参考にしてください。

ボーカルミックスとは?具体的にやり方6ステップを徹底解説

2022.01.08

(2)暗号資産を購入するための国内取引所口座を開設する

次にNFT音楽を売るために必要な暗号資産を入手する準備を行いましょう。

NFT音楽を出品する際には、暗号資産が必要になります。

また、購入されたNFT音楽の利益を日本円に換金する場合にも、国内取引所が必要です。

暗号資産取引所は日常的に使っている銀行のようなものだと思ってください。

日本円での取引が行えるのは、日本国内で認可を得て営業している国内取引所だけです。

NFTマーケットによって必要な通貨が変わりますが、多くのNFT販売ができるプラットフォームはイーサリアムという通貨を使用しています。

上記3つの暗号資産取引所でイーサリアムが購入できるため、参考にしてください。

国内取引所を開設する方法は、以下の通りです。

暗号資産取引所の開設方法
  1. 開設したい取引所を選ぶ
  2. メールアドレスを登録する
  3. 取引所からの返信メールのリンクから、個人情報の登録を行う
  4. 取引所の利用規約に同意する
  5. 身分証明書を提出して本人確認を行う
  6. 認証後に日本円を入金する
  7. 暗号資産を購入する

暗号資産取引所の口座開設は、ネット上で完結します。

身分証明書が必要となるため、事前に用意してから開設手続きを行いましょう。

本人確認が終われば、取引が可能になるため取引所の指示通りに日本円を入金した上で、暗号資産を購入してください。

(3)デジタルウォレットに登録する

暗号資産の購入が終わったら、デジタルウォレットを登録しましょう。

デジタルウォレットとは、暗号資産を入れておくお財布のようなものです。

Metamask(メタマスク)」は、アプリでも利用できて幅広いネットワークに対応しているので、初心者の方におすすめ。

日本の暗号資産取引所で購入した通貨をデジタルウォレットへ送金すれば、NFT販売の準備が完了です。

(4)NFT音楽を売れるプラットフォームに利用登録する

暗号資産の購入まで完了したら、次はNFTマーケットプレイスへ登録します。

NFTマーケットプレイスとは、NFTを販売できるネット上のプラットフォームです。

プラットフォームの利用にはメールアドレスとデジタルウォレットの接続が必要になります。

入力フォームでメールアドレスを登録し、個人情報を入力したら画面の指示通りにウォレットを接続しましょう。

ウォレット接続が終わったら、準備完了です。

(5)プラットフォームにデジタル音源をアップロードしてNFT音楽を作る

最後にNFT音楽を作成するステップに移ります。

プラットフォーム上のアップロードのボタンから、作成したデジタル音源をアップロードしましょう。

NFTへの変換はプラットフォーム上で自動で行われます。

NFTの詳細や名前、紹介や細かい設定をすれば、あなたの音楽NFTがプラットフォーム上で販売される流れです。

ステップが多いように感じますが、画面の指示通りに進めれば意外と簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

2.NFT音楽を作るのに欠かせないツール

NFT音楽を作るには、デジタル音源を作成しなければなりません。

初めてデジタル音源を作る人のために、便利な4つのツールを紹介します。

  1. DAWソフト
  2. 暗号資産取引所
  3. デジタルウォレット
  4. NFTプラットフォーム

デジタル音源を作る上で欠かせないソフトなので、入手しておきましょう。

(1)DAWソフト

NFT音源を作るためには、DAWソフトが必要です。

DAWソフトとは音楽制作ソフトウェアで、このソフト1つあれば作曲・編曲・ミックス・マスタリングが一括で行えます。

有料ソフトが多いですが、無料トライアル版を提供しているソフトもあるので、まずは無料から始めるのがおすすめです。

おすすめのDAWソフトについては以下の記事で紹介しているので、併せて参考にしてください。

【レコーディング初心者】機材・費用・おすすめDAWソフトを紹介!

2020.08.31

(2)暗号資産取引所

NFT音源を得るためには暗号資産取引所の口座が必要です。

売りたいNFTプラットフォームで使用されている暗号資産を購入しなければなりません。

販売者側は出品時に手数料(ガス代)を払う必要があります。

例えば有名なNFTプラットフォーム「Opensea(オープンシー)」では、ETH(イーサリアム)が必要です。

先ほど紹介した暗号資産取引所で購入できるので、暗号資産取引所は必ず用意しましょう。

(3)デジタルウォレット

NFTプラットフォームを利用するために、デジタルウォレットが必要です。

デジタルウォレットとは、暗号資産を保管するインターネット上のお財布。

NFTプラットフォームとウォレットを接続し、ウォレット内に保管されている暗号資産を使って販売手数料を払います。

また、報酬の受け取りの際もデジタルウォレットへ入金される仕組みになっているため、必ずデジタルウォレットを用意しておきましょう。

(4)NFTプラットフォーム

NFTプラットフォームとは、NFT音源を販売するためのインターネット上のマーケットプレイスです。

有名なところで「Opensea」というプラットフォームがあります。

そのほか音楽専門のNFTプラットフォームなどもあるため、自分のニーズに合わせてプラットフォームを選びましょう。

プラットフォームについては以下の記事で詳しくまとめてありますので、併せて参考にしてください。

【初心者でも簡単】すぐに利用できるNFT音楽プラットフォーム9選

2022.06.07

まとめ

NFT音楽の作り方は、デジタル音源を作成してNFTプラットフォームへアップロードするだけです。

アップロードする際の手数料を支払うために暗号資産取引所を開設し、デジタルウォレットを開設する必要があります。

初めての方には難しそうに見えますが、取引所開設は約1日で完成しますし、デジタルウォレットもメール登録と簡単な設定のみでできて簡単です。

NFT音楽は現在非常に注目されているジャンルであり、一躍有名アーティストになれる可能性も秘めています。

記事で紹介したNFT音楽の作り方を参考にし、あなただけのNFT音源を世の中に発表しましょう!

スカウトを受けたい方へ

関連記事