レコード会社の就職は難しい?難易度の実態や就職を成功させる3つのコツ

「レコード会社の就職は難しい?」
「レコード会社へ未経験から就職する方法はない?」

レコード会社は音楽業界の花形の仕事であり、音楽に携わりたいと考えている人の憧れの仕事です。

当然難易度は高いですが、就職のコツを掴めば憧れのレコード会社で働ける可能性はあります。

この記事ではレコード会社の就職が難しいといわれる3つの理由と就職難易度の実態、レコード会社が求める人材の特徴や就職を成功させるコツを紹介しています。

最後まで読めば、レコード会社の就職が難しいという偏見が消えて、最速で夢を叶える方法が見つかるでしょう。

1.レコード会社の就職が難しいといわれる3つの理由

レコード会社への就職が難しいといわれる理由を説明します。

  1. 大手レコード会社の就職難易度が高い
  2. 経験者が優遇されやすい
  3. 英語力が必要な企業が増えている

レコード会社の就職を目指している方は参考にしてください。

(1)大手レコード会社の就職難易度が高い

レコード会社の中でも、大手レコード会社は特に就職が難しいです。

たとえばソニーミュージックなどの知名度が高い会社は条件もよく、また企業としての信頼感もあるため就職志望者が多く集まります。

応募人数が増えれば当然競争率が高くなるため、就職難易度が上がってしまいます。

(2)経験者が優遇されやすい

レコード会社の制作部などは特に経験者が優遇されやすく、未経験者にとって就職が難しくなっています。

音楽業界は求人数が少なく、また中途採用は特に経験者が優遇されます。

そのため未経験から音楽業界へ入るには、中小企業で下積が必要など一筋縄では就職できません。

(3)英語力が必要な企業が増えている

近年レコード会社でもグローバル展開が進んでおり、英語力が必須とされる企業も増えています。

TOEFLのスコアや海外留学経験やビジネス英語ができる人が優遇されやすいです。

そのため英語力に自信がない人にとっては、就職が難しいでしょう。

レコード会社の求人の歓迎要件に「英語スキル」がある場合は、日常的な英会話を勉強したり、TOEFLスコアをあげて就職に挑むことをおすすめします。

2.レコード会社の就職は難しい?実態を暴露

実は、全てのレコード会社への就職が難しいわけではありません。

  1. 学歴や資格は問われない
  2. 職種によっては未経験でも転職できる
  3. 正社員にこだわらなければ大手レコード会社も狙える

レコード会社の就職が難しいかどうか、実態について説明します。

(1)学歴や資格は問われない

レコード会社の求人情報を見ると、学歴や資格は問われない企業が多いです。

大手は応募人数が多いため業種によっては学歴フィルターを設けていますが、制作スタッフなどの専門職であれば学歴は問われません。

また必要な資格などもない場合が多いため、間口自体は広く設定されています。

(2)職種によっては未経験でも転職できる

音響スタッフは職種によっては、未経験からでも転職できます。

たとえば事務スタッフやマーケティング、広報などは音楽業界の実績がなくても転職できます。

一方でレコーディングエンジニアなどは経験が問われるため、職種を選んで転職を検討しましょう。

(3)正社員にこだわらなければ大手レコード会社も狙える

知名度の高いレコード会社であっても、正社員にこだわらなければ就職できます。

契約社員から入社して実力が認められれば、正社員にキャリアアップできるでしょう。

またバイトやパートで入社し、そのまま正社員へ昇格する場合もあります。

3.レコード会社が求める人材とは

レコード会社が求める人材の特徴を3つ紹介します。

  1. 音楽業界への熱意がある
  2. マーケティングスキルが高い
  3. 海外音楽やストリーミングに見識がある

レコード会社へ就職や転職を検討している方は、志望動機で適性をアピールしましょう。

(1)音楽業界への熱意がある

レコード会社が求める人材は、音楽業界へ熱意がある人です。

熱意を持って仕事ができる人材は努力を惜しまず、レコード会社の利益につながる仕事をする可能性が高いからです。

志望動機に「音楽が好き」と書くだけでなく、音楽業界の課題と打開策を書いてみるなど、業界への熱意を伝えるようにすると良いでしょう。

(2)マーケティングスキルが高い

レコード会社はマーケティングスキルが高い人材を求めています。

音楽業界は以前のようにレコード会社や音楽プロダクションの一強時代ではなく、ストリーミングなどに押されている状態だからです。

そのためレコード会社は、斬新なマーケティングアイデアを出せる人材を求めています。

他業種であってもマーケティングの経験がある方は、レコード会社でも優遇される可能性があるでしょう。

(3)海外音楽やストリーミングに見識がある

レコード会社は今、海外の音楽やストリーミングに見識がある人材を求めています。

インターネットの発達により色々な国の音楽に触れられる時代になった今、レコード会社のライバルは国外のレコード会社にも及んでいるからです。

海外のトレンド音楽に見識があり、新しい楽曲アイデアが出せる人材や、ストリーミングで海外の人に音楽を聞いてもらうよう工夫できる人は、レコード会社でも重宝されます。

4.難しいレコード会社への就職を成功させるには

難しいレコード会社への就職を成功させる方法を3つ紹介します。

  1. バイトや契約社員から正社員を狙うキャリアパスも検討する
  2. 転職エージェントを利用する
  3. エンターテイメント業界特化の転職サイトで情報を探す

未経験からの転職方法にも触れているので、レコード会社で働きたい方は参考にしてください。

(1)バイトや契約社員から正社員を狙うキャリアパスも検討する

未経験からレコード会社へ転職したい方は、バイトや契約社員からのキャリアアップも検討しましょう。

最初から正規雇用を狙うとそれだけ就職難易度が高くなり、なかなか就職先が決まりません。

反対にバイトや契約社員は雇用条件が比較的やさしいため、レコード会社で早くキャリアを積める可能性があります。

(2)転職エージェントを利用する

未経験からレコード会社へ転職したい方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントにはレコード会社を含めたエンタメ業界の非公開求人が豊富にあり、条件の良い求人が見つかる可能性があるからです。

たとえば未経験から育成してくれる専門職の求人なども、転職エージェントで出ている可能性があります。

レコード会社に強い転職エージェントや転職サイトの情報はこちらの記事を参照してください。

エンタメ・音楽業界に強いおすすめ転職サービス5選!成功のコツも紹介

2023.11.01

(3)エンターテイメント業界特化の転職サイトで情報を探す

大手レコード会社へのキャリアアップを狙うなら、エンタメ業界特化の転職サイトを使いましょう。

一般的な転職サイトにはない求人情報が見つかり、好条件で転職できる可能性があるためです。

経験者は特に条件の良い求人が見つかりやすいので、ぜひエンタメ特化の転職サイトを利用しましょう。

エンタメ業界特化の転職サイトについては、以下の記事で紹介しています

レコード会社の仕事一覧!適性やきつさ、レコード会社ならではのやりがい

2024.02.26

スタジオミュージシャンになるには?仕事内容や年収事情・厳しい現実も解説

2024.02.25

ユニバーサルミュージックジャパンの就職情報まとめ!難易度や採用のコツを紹介

2024.02.24

音楽制作の仕事を11個紹介!音楽制作関連の仕事の探し方

2024.02.23

映像音響処理技術者とは?具体的な仕事内容や認定試験情報のまとめ

2024.02.21

まとめ

レコード会社の就職は確かに難しいですが、すべての会社の就職難易度が高いわけではありません。

また非正規雇用で入社して、正社員へキャリアアップする方法もあるので、方法を絞り込みすぎないようにしましょう。

知名度の高い大手レコード会社は求人枠も少ないですが、経験を積んでからなら転職に成功する可能性もあります。

この記事の内容を参考に実績を積んで、難しいレコード会社への就職を成功させてください!

関連記事