照明スタッフに向いている人とは?仕事内容や年収・働ける会社について紹介

「照明スタッフに向いている人とは?」
「照明スタッフの求人を出している会社ってどこ?」

照明スタッフに向いている人は、照明機材の知識があるだけでなく芸術的なセンスや協調性、体力がある人です。

しかしこの記事を読んでいる人の中には、業界未経験で照明機材を扱ったことがない人もいるでしょう。

そこでこの記事では、照明スタッフの概要や仕事内容、向いている人の条件、求人を出している3つの会社について解説します。

最後まで読めば、照明スタッフについて基礎知識がつき、どのように照明スタッフへの転職を目指せば良いかわかります。

1.照明スタッフとは

証明スタッフの概要や仕事内容について説明します。

  1. 照明スタッフの概要
  2. 照明スタッフの仕事内容
  3. 照明スタッフの年収

1つずつ内容を紹介します。

(1)照明スタッフの概要

照明スタッフとは舞台やコンサート会場などで、照明機材を動かすスタッフです。

演出を担当する仕事で、照明についての知識や機材を動かすスキルが必要となります。

(2)照明スタッフの仕事内容

照明スタッフの仕事はただ照明を動かすだけではありません。

舞台やコンサートの企画に参加して、どのような照明演出をするかの提案なども行います。

また実際に舞台やコンサートが開演する前には、機材を運び込んでセッティングするのも照明スタッフの仕事です。

そして本番では照明を動かして、アーティストや演者を引き立てるように照明演出をおこないます。

(3)照明スタッフの年収

照明スタッフの年収は300〜600万円が平均です。

駆け出しの時期はアシスタント業務が多くなるため、300万円程度がボリュームゾーンとなります。

実力や実績がついてくれば、アーティストから指名を受けることもありその場合は600万円以上稼げる場合もあるでしょう。

2.照明スタッフに向いている人の5つの特徴

照明スタッフに向いている人の5つの特徴を紹介します。

  1. 芸術的なセンスがある
  2. 業界の新しい技術を取り入れる柔軟性がある
  3. 重量のある機材を運ぶ体力がある
  4. 協調性がある
  5. 照明機器についての知識がある

照明スタッフを目指している方は、自分に適性があるか確認しましょう。

(1)芸術的なセンスがある

照明スタッフになれる人は、芸術的センスがある人です。

照明の色合いや光の放射の仕方によって、観客が受ける印象が変わります。

芸術的なセンスがないと、照明スタッフとして舞台やコンサートを盛り上げられません。

自分が色彩や演出のセンスがあると思う方は、照明スタッフに向いています。

(2)業界の新しい技術を取り入れる柔軟性がある

照明スタッフに向いている人は、新しい技術を取り入れる柔軟性がある人です。

照明技術は日々進化しており、新しい技術が日々開発されています。

昔のやり方にこだわらず、どんどん新しい技術や演出の方法を取り入れられる方は、照明スタッフとして活躍できるでしょう。

新しいものに偏見や抵抗を持たず、とりあえず試してみたいと考える性格の人は照明スタッフに向いています。

(3)重量のある機材を運ぶ体力がある

照明スタッフは重量のある機材を運ぶ体力がある必要があります。

先述したように舞台やコンサートの照明を担当する際に、機材を運び込んでセッティングする必要があるからです。

体が強く重いものを運べる人、体力があるタイプなら照明スタッフの適性があるといえるでしょう。

(4)協調性がある

協調性があり、皆で1つの目標に向かって努力できる人も照明スタッフに向いています。

照明スタッフは他の照明スタッフや演者と協力して、1つの舞台やコンサートを作り上げる仕事です。

打ち合わせの段階から皆で協力して照明のアイデアを出し合ったり、本番でも連携をとって演出を成功させなければなりません。

性格的に皆と協力するのが苦ではない方、協調性があると周囲からいわれる方は照明スタッフに向いています。

(5)照明機器についての知識がある

照明機器についての知識があることも、照明スタッフの適性の1つです。

特に最近の照明機器はデジタル化されているため、機器の動かし方を知らないと操作ができません。

照明業界に入りたいならコンサートホールやライブハウスなどで働き、機材が最低限使えるようになっておく必要があります。

業界未経験の方は最低限照明機器の名称を覚えたり、非正規雇用で照明スタッフの経験を積むと良いでしょう。

3.照明スタッフの求人を出している会社

照明スタッフの求人を出している会社は主に3つです。

  1. 照明専門の会社
  2. 映画・テレビ制作会社
  3. コンサート・ライブ会場

どのような勤務先が選べるのか、参考にしてください。

1つずつ内容を説明します。

(1)照明専門の会社

照明スタッフの求人を出しているのは、照明専門の会社です。

照明演出を専門的に扱っている会社で、舞台やコンサート、結婚式などに呼ばれて照明を担当します。

入社する人は専門学校などで舞台演出などを学んでから入社するケースが多いです。

もちろん未経験からの入社も可能ですが、その場合は機材の搬入や搬出などの下働きからとなり体力が求められるため、若いうちに転職活動した方が良いでしょう。

(2)映画・テレビ制作会社

映画やテレビ制作会社からも照明スタッフの求人が出ています。

主な仕事は撮影現場で演者の写りをよくするようライトを焚いたり、場面の雰囲気に合わせた照明操作を実施します。

正社員の募集は経験者向けの求人が多いですが、契約社員やバイトなら未経験でも就職可能です。

映画やテレビ制作に興味がある方は、目指してみると良いでしょう。

(3)コンサート・ライブ会場

コンサートやライブ会場からも、照明スタッフの求人が出ています。

開催されるコンサートやライブの照明を担当し、演者を引き立てるのが主な仕事です。

場所を移動しないため搬入や搬出の仕事はやや少なく、女性にも向いている職場といえます。

ただしコンサートホールやライブ会場は、正社員の募集がやや少なくアルバイトやパートの募集が多いです。

非正規雇用でも構わないので照明スタッフになりたい方、照明スタッフの経験を積みたい方はコンサートホールやライブ会場の求人を見てみましょう。

4.照明スタッフに向いている人についてのよくある質問

最後に照明スタッフに向いている人についてのよくある質問をまとめました。

  1. 女性でも照明スタッフになれますか?
  2. 未経験から照明スタッフになれますか?

不安や疑問を解消したうえで照明スタッフを目指して就職や転職活動を始めましょう。

(1)女性でも照明スタッフになれますか?

電気系統に強く照明知識があれば、女性でも照明スタッフになれます。

筋力や体力はあったほうが搬入・搬出の仕事も楽なので、事前に体力作りをしておきましょう。

(2)未経験から照明スタッフになれますか?

未経験からでも照明スタッフになれますが、最初のうちは搬入や搬出などの下働きがメインとなります。

また非正規雇用の枠を狙った方が仕事は見つけやすいでしょう。

まとめ

照明スタッフに向いている人は、芸術的な知識や体力、協調性がある人です。

専門学校で照明機材について学んだ人も多いので、照明機材についての知識があればさらに有利に転職できます。

未経験からの転職も可能ですが、その場合は非正規雇用で経験を積んでから専門的な照明会社や制作会社へキャリアアップを目指すと良いでしょう。

記事の内容を参考にして、照明スタッフに向いている人の条件に当てはまるならぜひ転職活動を続けてくださいね。

照明スタッフを含めたエンタメ業界に強い転職エージェントの情報は、こちらの記事でまとめています。

レコード会社の仕事一覧!適性やきつさ、レコード会社ならではのやりがい

2024.02.26

スタジオミュージシャンになるには?仕事内容や年収事情・厳しい現実も解説

2024.02.25

ユニバーサルミュージックジャパンの就職情報まとめ!難易度や採用のコツを紹介

2024.02.24

音楽制作の仕事を11個紹介!音楽制作関連の仕事の探し方

2024.02.23

映像音響処理技術者とは?具体的な仕事内容や認定試験情報のまとめ

2024.02.21

関連記事