女性シンガーソングライターになるには?仕事内容とお手本になる4名の歌手

「女性シンガーソングライターに憧れる!」
「女性シンガーソングライターになりたい。どうしたら良いのかな?」

女性シンガーソングライターは近年増えており、音楽業界でも存在感を増しています。

しかし、具体的にどうすればシンガーソングライターになれるのか分からず困っている方もいるでしょう。

この記事ではシンガーソングライターとは何か、なるにはどうしたら良いか、お手本になる女性シンガーソングライター4名を紹介します。

最後まで読めばシンガーソングライターの仕事やキャリアが分かり、お手本になる歌手も見つかるでしょう!

1.シンガーソングライターとは?

シンガーソングライターとは何か、まずは概要から説明していきます。

  1. 作詞作曲・歌唱を担当する仕事
  2. 近年は女性のシンガーソングライターも増えている

アーティストや歌手はあくまで総称です。

違いを考えながら読んでいきましょう。

それではシンガーソングライターについて解説します。

(1)作詞作曲・歌唱を担当する仕事

シンガーソングライターとは、作詞作曲・歌唱を担当する仕事です。

つまり歌作りの大部分を自分自身で行っています。

通常は作詞家・作曲家などが協力して1つの楽曲を作り上げますが、シンガーソングライターはその全てを1人で行うんです。

自分が納得のいく楽曲を1から作り上げられるため、達成感を感じられる仕事と言えます。

(2)近年は女性のシンガーソングライターも増えている

最近は女性のシンガーソングライターも増え、その才能を音楽業界に示しています。

自分自身で作曲と作詞をおこなって歌を歌う存在で、憧れを持つ人も多いです。

シンガーソングライターは作曲から全てを担当するので大変な仕事ですが、その分やりがいがある仕事と言えるでしょう。

2.女性シンガーソングライターになるには

女性シンガーソングライターになるにはどうしたら良いか説明します。

  1. 音楽系の専門学校へ通う
  2. 自作の曲をレコード会社へ送る
  3. オーディションを受ける

どうやってキャリアを切り開くのかを知りたい方は参考にしてください。

それでは女性シンガーソングライターになる方法を1つずつ解説します。

(1)音楽系の専門学校へ通う

女性シンガーソングライターになるには、音楽系の専門学校へ通いましょう。

音楽系専門学校では作曲・作詞などの音楽の知識を学び、また歌唱の授業をとることも出来ます。

シンガーソングライターはコード進行やアレンジなども全て担当するため、音楽の知識がなければ務まらない仕事です。

音楽専門学校卒業は必須の経歴ではありませんが、効率的に音楽を勉強したいのであれば専門学校がおすすめでしょう。

(2)自作の曲をレコード会社へ送る

女性シンガーソングライターになるには、自作の曲をレコード会社へ送りましょう。

専門学校卒業後、または学校へは行かずにオリジナル楽曲を使っている方は、まずは自分の楽曲を知ってもらわなければなりません。

歌手の求人があるわけではないため、自分から積極的にレコード会社へアピールする必要があります。

レコード会社の担当者の目に留まれば連絡をもらえ、そこからデビューへ話が進んでいく可能性があるでしょう。

(3)オーディションを受ける

女性シンガーソングライターになるには、オーディションを受けるのも良いでしょう。

レコード会社や芸能事務所主催のオーディションで歌を披露し、歌手としてデビューすることが出来ます。

デビュー方針は事務所が決めることが多いですが、作詞作曲ができる旨を伝えて楽曲を聴いてもらって説得できればシンガーソングライターとしてデビューできるでしょう。

また最初はプロデュースを受けてデビューし、その後知名度を上げてから自身のオリジナル楽曲を発表できます。

3.お手本になる女性シンガーソングライター

お手本になる女性シンガーソングライターを4名紹介します。

  1. 宇多田ヒカル
  2. あいみょん
  3. Rei
  4. milet

どのような経歴でデビューしたのかを説明するので、参考にしてみましょう。

それではお手本になる女性シンガーソングライターを1名ずつ紹介します。

(1)宇多田ヒカル

https://www.utadahikaru.jp/

お手本になる1人目の女性シンガーソングライターは『宇多田(うただ)ヒカル』さんです。

『宇多田ヒカル』さんは、音楽プロデューサーの父と有名歌手『藤圭子』さんの娘として生まれました。

実は10歳の時に親とユニットを組んでデビューしており、始めて作詞作曲をおこなったのもこの頃だったそうです。

その後日本で「Automatic」をリリースして大ブレイクし、今も不動の地位を築いているシンガーソングライター。

声の美しさと独特の歌詞、メロディが合わさって非常に個性的な女性シンガーソングライターです。

(2)あいみょん

https://www.aimyong.net/

お手本になる2人目の女性シンガーソングライターは『あいみょん』さんです。

『あいみょん』さんは父親がPAエンジニアだったそうで、中学の頃から作詞作曲を始めました。

高校の頃に友達のYouTubeに出演したのがきっかけでデビューに繋がり、現在の地位を築いたそう。

そのためオーディションや路上ライブの経験はありません。

SNSをうまく活用したことが、『あいみょん』さんのブレイクのきっかけでした。

女性シンガーソングライターを目指す方は、YouTube等を活用するのも大事ですね。

(3)Rei

https://guitarei.com/

お手本になる3人目の女性シンガーソングライターは『Rei(レイ)』さんです。

『Rei』さんは、小学時代に暮らしていたアメリカでジャズ・ブルースに出会い、そこから音楽に興味を持ち始めました。

同級生とロックバンドを組むなど、幼い頃からバンド活動をしていたそうです。

帰国後も弾き語りを続け、神戸の音楽専門学校へ通い始めました。

専門学校の人脈をきっかけにデビューし、東京で本格的に歌手活動を始めたそうです。

『Rei』さんも幼い頃から音楽活動をしており、音楽学校へ通ったことがきっかけでデビューにつながりました。

音楽学校での人脈も大事な点が参考になりますね。

(4)milet

https://www.milet.jp/

お手本になる4人目の女性シンガーソングライターは『milet(ミレイ)』さんです。

『milet』さんは、出生年月日等は明かされていませんが、2017年ごろから作曲を始めたそう。

ソニーミュージックで働いていた友達のツテを使って、自分で録音した楽曲を関係者に聞いてもらいました。

それがきっかけでデビューにつながり、現在はテレビドラマのテーマ曲を担当するまで有名な歌手となったのです。

自分から積極的に自身の楽曲をアピールしてデビューに繋がった点が参考になるでしょう。

まとめ

女性シンガーソングライターは、作詞作曲から歌唱まで全てを担当するアーティストです。

仕事量は多いですが、こだわりを持って1から楽曲を作り上げていくのは達成感もあるやりがいもあります。

シンガーソングライターになるにはとにかく曲を作り、積極的に楽曲を聴いてもらう場を作る必要があるでしょう。

音楽学校での経歴は必須ではありませんが、『Rei』さんの例のように学校での人脈で楽曲をアピールできる可能性もあります。

シンガーソングライターになりた方は記事の内容を参考にして、自身の楽曲をアピールしていきましょう!

シンガーソングライターになる方法とは?デビューに近づく3つのコツ

2020.09.30

オンラインでレッスンを受けるなら

「レッスンを受けたいけど、スタジオの感染対策に不安がある」
「固定の曜日ではなく、空いている時間に好きなだけレッスンを受けたい」
「近所にスタジオがなく、レッスンが受けられない」

そんな方には、空いている時間にオンラインで音楽のレッスンが受けられるcomeetがオススメです!

comeetなら、あなたの生活スタイルに合わせて、好きな時間に自宅でスキルを高められます!

今なら新規登録(無料)で、2回分のレッスンが無料!

ぜひお申し込みください!

関連記事