路上ライブに最適なスピーカーの特徴は?おすすめのスピーカー3選

「路上ライブ用のスピーカーを選ぶときのポイントは?」
「路上ライブ用のスピーカーでおすすめのものは何があるの?」

初めて路上ライブをする人の中には、自分で機材を集める人も多いのではないでしょうか。

路上ライブに必要な機材の中でも特にスピーカーは重要で、実はスピーカー選びで失敗するといくらよいパフォーマンスをしても、路上ライブを成功させることが難しくなるのです!

本記事では、路上ライブ用のスピーカー選びのコツやおすすめのスピーカーを紹介します。

この記事を読めば、スピーカーによる失敗を防ぐことができますよ!

なお、路上ライブのやり方については以下の記事で紹介しているので、あわせてご覧ください。

正しい路上ライブのやり方とは?ファンを獲得するための4つのコツ!

2020.09.30

1.路上ライブに向いているスピーカーを選ぶ3つのコツ

路上ライブに向いているスピーカーを選ぶ3つのコツ

路上ライブ用のスピーカー選びのコツを紹介します。

路上ライブに向いているスピーカーの特徴は以下の3つです。

  1. 電池・充電式にする
  2. 軽いものにする
  3. 出力が大きいものにする

路上ライブ用のスピーカーに関しては、値段が高く機能が豊富であればよいわけではありません。

順に紹介するので、スピーカー選びの参考にしてください!

(1)電池・充電式にする

電池・充電式にする

路上ライブ用のスピーカーは、電池式か充電式のものを選びましょう。

公道や公園などには一般人が使える電源はないので、電源式のスピーカーは使用できません。

電池式や充電式は一度に使用できる時間は限られていますが、電池式は電池が切れたら買い換えれば済み、充電式は予備のバッテリーを用意しておけば数時間の路上ライブであれば問題ないといえます。

特に電池式は100円程度の安い電池でも十分稼働するので、初心者には特に電池式がおすすめです。

充電式は電池式に比べると種類が少ないので、特にこだわりがなければ電池式を選びましょう!

なお、音響機材に不慣れな初心者は、電源を電池と見間違えて購入するなどのミスをしてしまいがちです。

厳密にいうとポータブル発電機などで電機を供給すれば電源式でも使用可能ですが、値段が高くコストがかさむのでおすすめしません。

オンラインで購入するときは見間違えないように注意しましょう!

(2)軽いものにする

軽いものにする

持ち運ぶ必要があるので、軽いスピーカーがおすすめです。

特に徒歩や電車で移動する人は、持ち運びやすさを考慮する必要があります。

車で目的地に移動する人は重要視する必要はありませんが、積み下ろしするときに苦労するので、いずれにしても軽いものがよいでしょう。

ただし、重量とサイズは関連しているので、軽いからといって小型のサイズを選んでしまうと、出力が足らずボリューム不足になってしまう可能性があります。

キャスター付きのものやカバンには入らないが手で持ち運べるくらいのサイズのものを選びましょう!

(3)出力が大きいものにする

出力が大きいものにする

外でライブを行うので、出力が大きいものにしましょう。

スピーカーの音量が小さければ、車や足音、周囲の話声などの音でかき消されてしまいます。

一般的に出力が20Wほどあれば十分な音量ですが、スピーカーの出力のMAXに余裕を持たせることが重要です。

音量が足らないときにスピーカーのMAX値まで出力を上げてしまうと、音が割れる場合があります。

音が割れると聴いている人に不快感を与えてしまう可能性があり、実力どおりの評価を得られないこともあるのです。

ファンを獲得するためには、気持ちよく歌や演奏を聴いてもらうことが重要なので、音量だけでなく音質にも意識を向けましょう!

2.おすすめの路上ライブ用スピーカー3選

おすすめの路上ライブ用スピーカー3選

おすすめの路上ライブ用スピーカーをピックアップして紹介します。

今回紹介するスピーカーは以下の3つです。

  1. CUBE Street EX
  2. A-FRESCO-2
  3. AC-33

おすすめ順に紹介するので、スピーカー選びで迷ったら試してみてください!

(1)CUBE Street EX

CUBE Street EX

ROLAND(ローランド)のCUBE Street EXは、路上ライブ用のスピーカーで最も人気の高いアイテムです。

路上ライブをしている人のほとんどがCUBEシリーズを愛用しており、アーティストからも信頼度が高いといえます。

メーカー ROLAND(ローランド)
電力供給源 電池式(単3乾電池8本)
重さ 7.4kg
出力 最大50W
価格 49,800円(税抜)

単3電池なのでコンビニなどでもすぐに手に入れやすく、女性が片手で持ち運ぶには苦労するかもしれませんが、成人男性であれば片手で持ち運ぶことができるでしょう。

4つの入力系統があるので、ギターやマイクだけでなく他の楽器を接続することができるため、柔軟な演奏をすることが可能です。

出力も50Wもあるので、余裕を持って路上ライブをするのに必要な音量まで上げられるため、音質も期待できます。

路上パフォーマーのほとんどが使っているので、スピーカーで失敗することは防ぐことが可能です。

なかなかスピーカー選びに踏ん切りがつかない場合は、値段は張りますがCUBE Street EXを使ってみてください!

(2)A-FRESCO-2

A-FRESCO-2

A-FRESCO-2はLaney ( レイニー )が発売しているスピーカーで、路上用スピーカーの中でもリーズナブルな特徴があります。

イギリスのメーカーなので、日本にはないスタイリッシュなデザインで有名です。

メーカー Laney ( レイニー )
電力供給源 充電・電源式
重さ 7.8kg
出力 最大60W
価格 29,800円(税抜)

A-FRESCO-2はアコースティック楽器用のスピーカーで、弾き語りする人におすすめのアイテムです。

系統が2つあるので、ギターとマイクを接続することができます。

値段も路上ライブ用のスピーカーの中では安く、アコースティック楽器を使って一人で路上ライブをしたい人は使ってみてください!

なお、電池式ではなくバッテリーを充電してつかう充電式なので、必ず事前にしっかり充電することを忘れないようにしましょう!

(3)AC-33

AC-33

AC-33もROLANDが販売しており、アコースティック専用のスピーカーで軽くて持ち運びやすい特徴があります。

CUBE Street EXに比べると全体的にスペックは劣りますが、弾き語りをするには十分です。

メーカー ROLAND(ローランド)
電力供給源 電池・電源式(単3乾電池8本)
重さ 4.7kg
出力 最大20W(電池使用時)
価格 39,000円(税抜)

4万円前後で購入することができ、4.7kgと軽く女性でも簡単に持ち運べます。

2つの系統があるので、マイクとアコースティック楽器を同時に接続することが可能です。

電池使用時の最大出力が20Wなので、弾き語りをするには十分な音量を出すことができるため、特に弾き語りをする女性におすすめですよ!

まとめ

路上ライブ用のスピーカー選びで重要なのは、電池・充電式、軽量なもの、出力に余裕があるものに着目することです。

場所や使用者によって最適なスピーカーは異なりますが、電池・充電式で持ち運びやすく、大きな音量にすることができれば、購入後の後悔を避けられるでしょう。

もし、どのスピーカーにすればよいか迷っている人は、今回紹介した3つの路上ライブ用スピーカーを参考にしてみてください!

なお、スピーカー以外の機材選びでも困っている人は、路上ライブ用のセットを紹介している以下の記事をあわせてご覧ください。

路上ライブで必要な機材セットとは?失敗しない機材選びの3つのコツ

2020.09.30

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。