音楽制作をどの会社に依頼すればいい?選定する際の3つのポイント

「音楽制作を依頼したいが、どのような会社に頼めばいいのだろう?」
「音楽の制作会社を選定する際に、気を付けた方がいいポイントは何?」

このように悩んでいませんか?

実は、音楽制作会社の中にもさまざまなジャンル・種類のものが存在するため、依頼時にはそれぞれの特徴を理解し、自分の要望に合った制作会社を選定することが大切です。

今回の記事では、音楽制作会社が請け負う仕事の種類や、依頼先を選定する際の3つのポイントについて紹介します。

この記事を読んで音楽制作会社の特徴を理解し自分に適した会社を選定することにより、納得のいく楽曲制作依頼を行ってください。

1.音楽制作会社が請け負う仕事の種類

まずは、音楽制作会社が請け負う仕事の種類を以下の2つの観点から説明します。

  1. ジャンル
  2. 範囲

順番に説明します。

(1)ジャンル

使う楽器を後から追加しない

音楽制作会社が請け負う仕事のジャンルには以下のような種類があります。

ジャンル 期待される効果
CM CM楽曲・ジングル・パロディー音源などにより、限られた時間の中で視聴者の興味を引き、商品・サービスの魅力を引き出してくれる。
アニメ・ドラマ 主題歌や挿入歌により映像作品を盛り上げてくれる。アニメ・ドラマの世界観を作るのに音楽は欠かせない要素であり、楽曲の出来が映像作品全体の出来を左右すると言っても過言ではない。
ゲーム・遊技機 BGMや効果音により世界観を演出し、期待感や高揚感を引き立ててくれる。実機からの鳴り方にも考慮して、印象的な音を演出してくれる。
業務機器システム音 携帯電話・車・時計・カメラ・防災システムなどの仕様・用途に合わせたサウンドを提供してくれる。医療機器などは国際基準の規格に則ったサウンド制作・設計にも対応してくれる。
アミューズメント施設音響 体感型アトラクションやVR向けの音楽・効果音により、わくわく・ドキドキ感を演出してくれる。
社歌・校歌 合唱曲や流行りのジャンルなど幅広い楽曲に企業や学校の理念や社風を盛り込み、会社や学校の顔を表現してくれたり、構成員の意識を統一したり士気を高めてくれる。

一口に音楽制作といっても、ジャンルによって作る音楽の性格が大きく異なり、携わる作曲家も異なります。

大手の制作会社であれば全てのジャンルに対応しているケースもありますが、中小規模の制作会社は特定のジャンルを得意としていることが多いので、あらかじめ自分の希望するジャンルの実績がある会社か確認しましょう。

このように、音楽制作会社が請け負う楽曲にはさまざまなジャンルがあり、それぞれに期待される効果が異なるため、自分の希望する楽曲のジャンルにおいてノウハウや経験のある会社を選定することをおすすめします。

(2)範囲

オーディオインターフェース

音楽制作会社が請け負う仕事の範囲には以下のような種類があります。

曲を一から制作する 依頼人から曲のイメージや用途をヒアリングした上で、作曲・作詞・編曲の全てを一から作る完全オリジナル曲の制作を請け負う。
依頼人が用意した曲を元に編曲を行う 依頼人が楽曲や一部のメロディー・歌詞を持ち込み、制作会社は編曲や演奏などにより楽曲制作を支援する。ボーカル収録や生の楽器への差し替え、ミックスやマスタリングなどさまざまな範囲の支援が可能。

このように、音楽制作会社の中には完全オリジナル曲の制作だけでなく、楽曲制作の一部支援を行う会社も多く存在します。

2.音楽制作の依頼先を選定する際の3つのポイント

次に、音楽制作の依頼先を選定する際のポイントを以下の3点に分けて説明します。

  1. 希望するジャンルの実績は豊富か
  2. ヒアリングや修正に対応してもらえるか
  3. 妥当な価格か

順番に説明します。

ポイント1.希望するジャンルの実績は豊富か

音楽制作の依頼先を選定する際のポイントの1つ目に、希望するジャンルの実績が豊富かどうかが挙げられます。

音楽制作は、依頼するタイミングで納品物がどのようなものかは分かりません。

とはいえ、業者選定の時点で自分の納得のいく楽曲を仕上げてもらえるかの判断材料がほしいところです。

多くの実績を持つということは、作曲経験やノウハウが蓄積されており、クオリティの高い楽曲を作ってもらえることが予想できます。

また、実績が豊富であれば、おそらく依頼したユーザーの多くが満足しているためにリピーターが多いと考えられ期待が持てます。

ただし、このとき注意してもらいたいのが、実績が豊富でもジャンルが異なる場合はあまり参考にならないという点です。

ジャンルが違えば、期待するほどの品質が保たれなかったり、慣れない分工数が多く発生して費用が膨らんだり納期が遅れることが考えられます。

このように、業者を選定する際には、自分の希望するジャンルにおいて実績が豊富かどうかを確認しましょう。

ポイント2.ヒアリングや修正に対応してもらえるか

音楽制作の依頼先を選定する際のポイントの2つ目に、ヒアリングや修正に対応してもらえるかどうかが挙げられます。

一般的に音楽制作を依頼すると、ヒアリング→デモ曲作成→レビュー・修正→レコーディング→納品という流れで作業が行われます。

せっかくオリジナルの曲を依頼するのですから、どのような曲を希望するのかしっかりヒアリングしてもらい、出来上がった曲がイメージと違うときには修正をお願いして納得のいく作品を作ってもらいたいところです。

しかし、低コストが売りの制作会社の中には十分なヒアリングの機会を設けなかったり、修正は受け付けないというものもあります。

もちろん、ヒアリングや修正には工数が発生しますので、何度も要件を変えたり、無尽蔵に修正を繰り返すことはできませんが、納得のいく曲に仕上がるまでは常識的な範囲であればヒアリングや修正に応じてくれる会社を選ぶのがおすすめです。

このように、業者を選定する際は、低コストを意識するあまり十分なヒアリングや修正に応じてもらえないということがないかしっかりと確認しましょう。

ポイント3.妥当な価格か

音楽制作の依頼先を選定する際のポイントの3つ目に、妥当な価格かどうかが挙げられます。

音楽制作にかかる費用はピンからキリまでさまざまです。

環境の良いスタジオで高級な楽器を使えば高価になりますし、個人がパソコン1台で仕上げれば安価に仕上がります。

また、一つの会社の中でも一律に一曲〇円と決められるものではなく、曲の長さや使用する楽器の種類・数、歌の有り無しなどさまざまな要因で価格が異なります。

さらに、完全オリジナルの曲か、持ち込んだ曲を編曲するのかによっても費用が異なります。

このため、費用が明示されている場合であっても、条件を確定した上で必ず個別見積もりをもらいましょう。

一見低価格な会社に見えても、条件外のための別途費用が積み重なり、最終的に想定以上の価格を請求されたというのもよくある話です。

このように、業者選定時は、依頼内容を確定したら必ず個別見積もりをとり、委託する前に妥当な価格かどうかを最終判断するようにしてください。

まとめ

今回の記事では、音楽制作会社が請け負う仕事の種類や、依頼先を選定する際の3つのポイントについて紹介しました。

さまざまなジャンル・種類の音楽制作会社が存在するため、依頼時にはそれぞれの特徴を理解し、自分の要望に合った制作会社を選定することが大切です。

この記事を読んで音楽制作会社の特徴を理解し自分に適した会社を選定することにより、納得のいく楽曲制作依頼を行ってください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。