仮歌とは?仮歌バイトを始める方法やSNSを通じて仮歌の仕事をもらう方法

「仮歌って何?一体何のために作られているの?」
「仮歌バイトがしたい!どうやったら募集を探せるの?」

仮歌とは、作曲家・作詞家が作成したばかりの楽曲を仮に歌うデモ音源を作る人・仕事のことを意味します。

アイドルが暗記用に使ったり、楽曲コンペに使われるもので、音楽を作るためには欠かせません。

しかし仮歌バイトという仕事はそこまで有名ではなく、どうやったら仕事を探せるかわからない方もいるでしょう。

この記事では仮歌の概要や仮歌バイトの概要やお給料について、さらに仮歌の仕事をする方法を解説します。

将来歌手になりたい方にとって良い練習の場ともなるので、ぜひ仮歌バイトに挑戦してみてくださいね!

1.仮歌とは?

仮歌とはなんなのか、まずは概要を解説します。

  1. 作曲家などが作成したメロディを仮で歌うこと
  2. 楽曲コンペやデモ楽曲として使用される
  3. 仮歌バイトで歌唱力が上がる

仮歌の概要とどんな目的で利用されているのかを説明するので、仕事を探す前に概要を理解しておきましょう。

1つずつ説明していきます。

(1)作曲家などが作成したメロディを仮で歌うこと

仮歌とは、作曲家やコンポーザーが作成したメロディを仮で歌う人やその歌自体を意味します。

作曲されたばかりの曲はすぐに世の中に発表されるわけではありません。

楽曲をシンガーや仮歌の仕事をしている人に頼んで歌ってもらい、その音源を元にして歌手が歌ったり楽曲として利用されていきます。

仮歌はアイドルやアニメのデモ音源として使われることが多いです。

(2)楽曲コンペやデモ楽曲として使用される

仮歌は、楽曲コンペやデモ楽曲として使用されます。

楽曲コンペとは、アーティストのリリース企画に合わせてその歌手が歌う楽曲を募集することです。

レコード会社がアイドルなどのコンセプトを発表して、楽曲を作れる人を集めます。

メロディだけでは曲のイメージが湧きづらいため、仮歌を入れてもらって審査するんですね。

その過程で作曲家が曲を作り、仮歌を入れてからレコード会社に渡し、コンペが進みます。

またアイドル歌手が歌入れする前に、イメージとして仮歌を入れる場合も。

アイドルが家で練習する際に、または曲を覚えるときにメロディを事前に入れた仮歌を渡して活用するための楽曲を作ります。

自分がメロディを吹き込んだ楽曲が、様々な形で音楽業界に貢献するやりがいのある仕事と言えるでしょう。

(3)仮歌バイトで歌唱力が上がる

仮歌のバイトをすることで歌唱力がアップします。

単純に数をこなして練習を多くできますし、未知のジャンルに挑戦するので歌いこなせる楽曲の幅が広がるからです。

リズムや相手の要望通りに歌うことで、リズム感や表現力が上がるでしょう。

明確なイメージを持って楽曲を歌えるようになるため、将来歌手を目指している人にもおすすめの仕事です。

2.仮歌の仕事内容って?バイトもできる?

仮歌の仕事内容とは何か?バイトでもできるかどうかを解説します。

  1. 仮歌の仕事内容は要望通りに歌うこと
  2. 仮歌のバイト募集情報もある
  3. 仮歌の仕事に必要なスキル

仮歌の仕事をしたい方のために、仕事内容や勤務形態、そして必要なスキルを解説します。

(1)仮歌の仕事内容は要望通りに歌うこと

仮歌の仕事内容は、楽曲作成者のイメージ通りに歌うことです。

仕事の依頼の際には「吐息混じりで歌ってください」「あえて感情を入れずに、癖なくお願いします」などと、要望がついてきます。

自分の個性を出すというよりは、要望に応えるのが主なので癖が強い方には向いていないでしょう。

様々な要望に臨機応変に応える必要があるため、ある程度の歌唱力は求められる仕事です。

(2)仮歌のバイト募集情報もある

仮歌にはバイト募集もあります。

例として求人ボックスというサイトの仮歌バイトを見てみましょう。

日給は5,000円からと案件によって幅がありますが、時給は最低でも900円程度もらえる仕事です。

また、歌唱力や担当する歌の曲数に応じては数万円の報酬が発生することもあります。

将来的に歌手を目指している方や、歌が好きな方にはうってつけのバイトでしょう。

単発、または1日4時間以内など限定的な勤務形態が多いので、働きながらでもできるバイトです。

また最近は機材がある方限定でリモート環境での仕事のオファーもあるため、在宅でも仮歌バイトはできます。

(3)仮歌の仕事に必要なスキル

仮歌と言っても最低限の歌唱力は必要とされます。

特に作曲家の要望に的確に応える必要があるので、コミュニケーション能力と臨機応変さは必要でしょう。

仮歌募集の応募要項を見ると楽譜が読める必要はないと書かれているものがほとんどなので、歌を要望に合わせて歌えればOKというイメージですね。

歌唱に癖がある人や、個性を出しすぎてしまうタイプの人にはあまりおすすめできない仕事です。

とにかく臨機応変に、相手の要望に合わせて歌える歌唱力があれば誰でも仮歌のバイト・仕事ができます。

3.仮歌の仕事をする方法

仮歌の仕事をする方法を3つ紹介します。

  1. インターネットで募集しているサイトを見つける
  2. 音楽事務所・作曲家に連絡して仕事をもらう
  3. SNSやYouTubeで歌う動画をアップしておく

仮歌の仕事をしてみたいけど、どうすれば良いかわからないという人もいますよね。

そんな方は、以下の3つの方法で仮歌の仕事を探してみましょう。

(1)インターネットで募集しているサイトを見つける

仮歌の仕事をする1つ目の方法は、インターネットで募集しているサイトを見つけることです。

最も簡単で手軽な方法なので、手元のスマホで「仮歌・仕事」などと検索してみましょう。

案件によって時給・日給が大きく異なりますし、勤務形態も違う点に注意してください。

雇用形態はアルバイト・パート、業務委託が多く正社員の仕事はあまりありません。

様々なリクルートサイトで仮歌募集はかかっていますので、お近くのエリアで募集がないか探してみてください。

(2)音楽事務所・作曲家に連絡して仕事をもらう

仮歌の仕事をする2つ目の方法は、音楽事務所・作曲家に連絡して仕事をもらうことです。

憧れている事務所や作曲家がある場合は、SNS経由でDMをして仮歌の仕事がないか聞いてみましょう。

その際には歌唱力を示す必要があるため、自身で録音した音源や動画を一緒に添えると話がスムーズです。

直接音楽業界とコネクションを作るチャンスにもなるので、将来的にアーティストになりたい人はぜひ事務所や作曲家に連絡してみてください。

(3)SNSやYouTubeで歌う動画をアップしておく

仮歌の仕事をする3つ目の方法は、SNSやYouTubeで歌う動画をアップしておくことです。

SNSやYouTubeに歌う姿をアップしておくと、その動画を見たレコード会社のスタッフや作曲家から直接依頼が来ることもあります。

仮歌の仕事を通り越して、歌手としてのオファーが来るチャンスにもなるのでSNSは活用すべきです。

例えばこちらの石津さんという男性は仮歌シンガーの仕事をされていて、ご自身でもYouTubeチャンネルを解説して歌をアップしています。

音楽の仕事に興味があるなら、コンスタントに自分の歌をアップして世間にあなたの歌唱力をアピールすると良いでしょう。

まとめ

仮歌は音楽制作に欠かせない要素で、インターネット上でもバイト募集を探せます。

将来歌手になりたい方にとっては表現力・歌唱力を上げるチャンスになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

オンラインでレッスンを受けるなら

「レッスンを受けたいけど、スタジオの感染対策に不安がある」
「固定の曜日ではなく、空いている時間に好きなだけレッスンを受けたい」
「近所にスタジオがなく、レッスンが受けられない」

そんな方には、空いている時間にオンラインで音楽のレッスンが受けられるcomeetがオススメです!

comeetなら、あなたの生活スタイルに合わせて、好きな時間に自宅でスキルを高められます!

今なら新規登録(無料)で、2回分のレッスンが無料!

ぜひお申し込みください!

関連記事