アーティストとは?広義・狭義の2つの意味とアーティストになるための4つの方法

音楽好きのためのクローズドコミュニティ

「アーティストとはどんな職業?」
「アーティストになるにはどんな方法があるの?」

このように悩んでいませんか?

アーティストとは、日本ではプロの歌手・ミュージシャンに対して尊敬の意を込めて呼ぶときに使われる言葉で、実力主義の厳しい世界ながらも一度ヒット曲を生み出せば高い報酬を得ることのできる夢のある仕事です。

今回の記事では、アーティストという言葉を広義・狭義のそれぞれの意味で解説するとともに、アーティストになるための4つの方法やアーティストの年収事情についても紹介します。

この記事を読んでアーティストの基本情報を理解し、狭き門ながらもアーティストを目指してみたいと思われた方はぜひ夢に向かってチャレンジしてみてください!

1.アーティストとは

アーティストという言葉には、以下の通り2種類の意味があります。

  1. 広義のアーティスト
  2. 狭義のアーティスト

それぞれの意味について以下に順番に説明します。

(1)広義のアーティスト

アーティストという言葉の広義の意味として、「芸術家」「プロフェッショナル」などが挙げられます。

アーティストは、芸術という意味の「アート(art)」という言葉に、~する人という意味の「イスト(ist)」をつけた言葉ですので、そのまま直訳したイメージです。

元々の語源はラテン語で「職人技術」を意味し、職人技を持つ人全般を指す言葉でしたが、現在では特に「芸術家」「美術家」といった意味合いで多く使われています。

#1:【広義】代表的なアーティスト

https://yayoikusamamuseum.jp/about/yayoikusama/

広義の意味でのアーティストとして活躍する代表的な日本人としては、草間彌生さんが挙げられます。

彫刻家・画家として活躍される草間彌生さんは、水玉模様などのモチーフを反復させ絵画や彫刻の表面を覆う作品が有名になり、1996年から2年連続で国際美術論家連盟のベストギャラリー賞を受賞するなど、長年にわたって世界的に支持され続けるアーティストです。

また、彫刻・絵画にとどまらずファッションでサイナーや小説執筆など幅広い分野でも活躍されています。

このように、アーティストという言葉は、広義の意味で使われる際には「芸術家」「プロフェッショナル」などといった意味を持ちます。

(2)狭義のアーティスト

アーティストという言葉の狭義の意味として、「歌手」「ミュージシャン」などが挙げられます。

日本特有の使われ方として、特に音楽分野で活躍する人にアーティストという言葉が使われることが多くあるのです。

世界的にはアーティスト=歌手・ミュージシャンという使われ方はせず、広義の意味で述べた通りアーティストはあくまで芸術全般で活躍する人という意味で使われるため、歌手やミュージシャンもその中に含まれるという関係性です。

ちなみに、歌手は歌を歌う人で、ミュージシャンは歌手に限らず演奏者や作曲者・編曲者なども含まれます。

そのため、厳密には、歌手 < ミュージシャン < アーティストという順で対象が広がります。

また、アーティストという言葉は、その道のプロであるという尊敬の念を込めて使われることが多いのも特徴です。

そのため、自分で作詞・作曲をせず他人からの楽曲提供を受け、歌やダンスも未熟なアイドルなどは、「アーティストと呼ぶにはふさわしくない」などと揶揄されるケースもあります。

#1:【狭義】代表的なアーティスト

https://www.instagram.com/hachi_08/

狭義の意味でのアーティストとして活躍する代表的な日本人に、米津玄師さんが挙げられます。

米津玄師さんは言わずと知れた日本トップクラスのミュージシャンですが、自分で歌うのはもちろんのこと、作詞・作曲や編曲、ダンス、CDジャケットのデザインなどさまざまな分野で能力を発揮し、アーティストという名にふさわしいプロフェッショナルな作品を生み出し続けています。

このように、日本ではアーティストという言葉を歌手やミュージシャンの意味で使うことが多く、その道のプロであるという尊敬の念が込められる傾向にあります。

2.アーティストになるための4つの方法

アーティストになるための方法として、主に以下の4つの方法があります。

方法概要
オーディションを受ける音楽事務所が新しいアーティストを発掘するために予算をかけて選考を行うものであり、アーティストになるための一番王道の手段と言える。
音楽事務所にデモテープを送る音楽事務所の中にはデモテープを随時募集しているところがあるため、ホームページで確認の上送ることで確実に聞いてもらえる。
ライブに出演するライブには音楽関係者が足を運んでいるケースが多く、スカウトの声がかかったり音楽関係者とのつながりができやすい。
インターネットに曲を公開するYouTubeなどによって誰でも自分の曲を気軽に公開できるようになり、その動画がSNSなどで拡散されることで音楽関係者の目にも止まるチャンスが出始めている。

どのようなきっかけでアーティストへの道をつかめるかわかりませんので、さまざまな方法でチャレンジしてみるのが良いでしょう。

アーティストになるための方法についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

アーティストになるには?4つの方法とアーティストの3種の所属先

2021.02.15

このように、アーティストになるためには主に4つの方法があるため、音楽関係者の目に留まるきっかけをつかむために、さまざまな方法でチャレンジしてみましょう。

3.アーティストの年収事情

アーティストの年収は実力次第でピンキリですが、有名アーティストの仲間入りを果たすことができれば年収数千万円から数億円を稼ぐことができる、夢のある職業と言えます。

ただし、アーティストはある程度有名になるまでは音楽の仕事だけで生計を立てていくことは難しく、多くのアーティストの卵たちはアルバイトや副業などをしながら生活しているという厳しい現実もあります。

ところで、アーティストの収入には、印税・ライブ収入・CMやイベントの出演料などがあります。

印税は、CDの売上に応じてもらえるアーティスト印税のほか、作詞・作曲者限定で楽曲の使用時に受け取れる著作権印税があるため、作詞・作曲を手掛けることで特に取り分が多くなる仕組みです。

印税はリリース後も長期に渡ってアーティストに利益をもたらしてくれる重要な収入源ですが、昨今のCD販売数の低下により受け取れる額は減少傾向にあります。

そこで、各アーティストはライブ収入に重きを置き、チケットだけでなくグッズ販売などにも力を入れています。

さらに、知名度が高く好感度の高いアーティストであれば、音楽外でもCMなどの仕事が舞い込むことがあり、数千万円規模の契約金を受け取れるケースもあります。

アーティストの年収についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

アーティストの年収はどのくらい?年収事情と収入の3つの種類

2021.02.20

このように、アーティストの年収は人気次第で大きく異なりますが、第一線で活躍するアーティストになれば印税・ライブ収入・CMなどの収入により多額の報酬を稼ぐことが可能です。

まとめ

今回の記事では、アーティストという言葉を広義・狭義のそれぞれの意味で解説するとともに、アーティストになるための4つの方法やアーティストの年収事情についても紹介しました。

アーティストとは、日本ではプロの歌手・ミュージシャンに対して尊敬の意を込めて呼ぶときに使われる言葉で、実力主義の厳しい世界ながらも一度ヒット曲を生み出せば高い報酬を得ることのできる夢のある仕事です。

この記事を読んでアーティストの基本情報を理解し、狭き門ながらもアーティストを目指してみたいと思われた方はぜひ夢に向かってチャレンジしてみてください!

音楽好きのためのクローズドコミュニティ

関連記事

Wellen

特別なご招待

音楽好き

のための

クローズドコミュニティ